JR原宿駅新駅舎に「猿田彦珈琲」が登場。ここでしか飲めない限定ブレンドも!


2020.03.12

OMOHARAREAL

2020年3月21日(土)に控えたJR原宿駅の新駅舎開業。その明治神宮口改札前の2Fフロア一帯に「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」がオープンする。店舗設計を手掛けたのは、建築家の谷尻誠氏と吉田愛氏が率いる「SUPPOSE DESIGN OFFICE」。日本の“路地”からインスピレーションを受けたというストアデザインは幾何学的な線の組み合わせや低い軒などで構成され、和を感じさせる落ち着いた空間。「たった一杯で、幸せになるコーヒー屋」を目指す猿田彦珈琲の世界観が表現されている。このオープンに伴い、猿田彦珈琲ではエクスクルーシブコーヒーラインとして「The Bridge」を発表。これまでのプライスレンジの枠にとらわれず、より広い視点で最高品質のコーヒーを追求する。なかでも注目の1杯は、希少種として注目されているゲイシャ品種など各国最高峰のコーヒーを厳選したオリジナルブレンド「猿田彦の夜明け– THE RISE OF SARUTAHIKO –」。その他、ウイスキー樽での熟成によりバニラやシナモン、ドライフルーツのフレーバーを纏った「バレルエイジドコーヒー」、JR原宿駅と共同開発した「原宿ブレンド」などもこの店舗限定で発売される。またアメリカ発のガラス製食器ブランドFire-King(ファイヤーキング)とのコラボレーションスタッキングマグも登場予定だ。今回の出店は、猿田彦珈琲にとって新たなステージへと進む重要なターニングポイント。オープンは奇しくもコロナウイルスによる混乱期にぶつかったが、同社代表の大塚朝之氏は「それもまた運命なのではないか」と言う。店名とエクスクルーシブコーヒーラインの名称「The Bridge」は店舗すぐのところにある神宮橋と五輪橋に由来しているほか、コーヒーのつくり手とお客様、日常と非日常、過去と未来をつなぐ架け橋のような店舗でありたいとういう想いも込められている。楽しいときも疲れたときも、猿田彦珈琲は“原宿の玄関口”で、一杯のコーヒーと安らぎのひとときを用意して迎え入れてくれるだろう。■概要猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店住所:東京都渋谷区神宮前1-18-20 JR原宿駅2F電話番号:03-6721-1908営業時間:8:00〜22:00(フードLO21:30)定休日:不定休席数:約140席■メニュー(一例)猿田彦の夜明け –THE RISE OF SARUTAHIKO- ドリップ ¥900(税抜)バレルエイジド シングルオリジン ドリップ時価/コーヒー豆(100g)時価原宿駅監修「原宿ブレンド」 ドリップ ¥540/コーヒー 豆(100g)¥900>>EDITOR’S VOICEJR原宿駅から徒歩約5分。コープオリンピアを目印に表参道から路地へ入り、少し歩いたところに小さなフラワーショップ「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」がある。ファッション業界を中心に多くのファンをもち、アパレルブランドのショーウィンドウデザインや空間演出も多く手掛けていながら、こじんまりとした店舗は誰もが気軽に立ち寄れる雰囲気。ひとひねり効いたお花のギフトを贈りたいときにおすすめだ。Text:Natsuno Aizawa  

read-more
原宿
place
東京都渋谷区神宮前1丁目

この記事を含むまとめ記事はこちら