2020年・初タピはこれに決定!タピオカ専門店「麦稈のタピカ」がオープン


2020.01.13

OMOHARAREAL

2020年1月2日(木)、#FR2などで知られる株式会社せーのが、タピオカ専門店「麦稈のタピカ」を、神宮前4丁目にオープンした。明治神宮前駅から徒歩1分という好立地にオープンした「麦稈のタピカ」は、和をイメージした内装と、某時代劇に登場しそうな女の子「タピカ」が目印のお店。黒糖牛乳タピオカなど、食材にこだわったタピオカメニューを展開している。毎日店舗で仕込んでいる本場台湾産の「生タピオカ」は、モチモチと弾力のある食感が特徴で、お茶は、静岡産の抹茶や宇治産のほうじ茶を使うなど、食材の原産地などにもこだわったタピオカドリンクを提供。メニューは豊富で、定番の黒糖牛乳タピオカはもちろん、ブラックミルクティータピオカ、などなど13種類を用意している。タピオカ激戦区オモハラエリアに、またもや注目のタピオカ店が出店。タピオカ好きはチェック必須です!■概要麦稈のタピカ・オープン:2020年1月2日(木)・営業時間:11:00-20:00・定休日:SNSにて要確認・場所:東京都渋谷区神宮前4-29-8 1階>>EDITOR’S VOICE似ているようで、それぞれのお店の個性があるのタピオカドリンク。「麦稈のタピカ」でタピ初めをして、今年も思う存分オモハラエリアでタピりましょう! 注目のタピオカニュースは「#タピオカ」からチェックできます。Text:miwo tsuji  

明治神宮前
place
東京都渋谷区神宮前6丁目
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら