雪だるまが溶ける前に!ワタリウム美術館で日本初の美術館個展「フィリップ・パレーノ展」開催


2019.11.16

OMOHARAREAL

2019年11月2日(土)〜2020年3月22日(日)、ワタリウム美術館で「フィリップ・パレーノ展〜オブジェが語りはじめると」を開催。 フィリップ・パレーノは、映像、彫刻、ドローイング、テキストなど多様な手法を用い、自身の展覧会を一連の出来事が展開していく「台本のある空間」と考えているパリのアーティストだ。 2016年には、ロンドンにある世界で有名な美術館テートモダン・タービンホールで行われるヒュンダイ・コミッションに選ばれ世界的な絶賛を受けたり、2013年にはパリのパレ・ド・トーキョーで大規模個展を開催したりなどの実績の持ち主である。 今回は、そんなパレーノが1994年から2006年にかけて制作した作品(オブジェ)を再構成して展示している。パレーノの代表作である白熱光が点滅する「マーキー」や、天井に張りつく風船「吹き出し」のほか、1995年にワタリウム美術館と伝説のキュレター、ヤン・フートがコラボレートした展覧会「水の波紋展」で制作した氷の「雪だるま」がその姿を新しくし登場する。 「展覧会に訪れることが、空間的・時間的境界や感覚的経験を伴う唯一無二の体験となることを目指している」というパレーノ。この機会に唯一無二の体験をしに訪れてみてはいかがだろう。また次第に溶けて消えてゆく「雪だるま」は四半世紀ぶりの再現となるとのことなので、お見逃しなく! ■概要2019年11月2日(土)〜2020年3月22日(日)開館時間:11時〜19時まで(毎週水曜日は21時まで)休館日:月曜日 [11/4, 12/30, 1/13, 2/24は開館]  12/31-1/3 は休館。入館料:大人 1,000円 / 学生[25歳以下] 800円  会場:ワタリウム美術館住所:東京都渋谷区神宮前3-7-6 >>EDITOR’S VOICE展覧会の後のランチには近くの洋食屋「J-COOK」へ。ワタリウム美術館が開館する前からある老舗カフェで、ポークカツレツやピカタなど変わらぬ美味しさを楽しめる。素敵なご夫婦も魅力の一つなので是非お話を楽しんで。 Text:ayaka minoda ■作品画像クレジットリアリティー・パークの雪だるま, 1995Courtesy the artist and Esther Schipper, BerlinPhoto © Philippe Parreno 吹き出し(白), 1997Exhibition view: A Time Coloured Space, Museu Serralves, Porto, 2017Collection FRAC Grand Large — Hauts-de-France, DunkirkPhoto © Andrea Rossetti ハッピー・エンディング, 2014-15Collection Philippe Parreno, ParisPhoto © Philippe Parreno マーキー, 2016Courtesy the artist and Esther Schipper, Berlin Photo © Andrea Rossetti  

ワタリウム美術館
rating

3.5

72件の口コミ
place
東京都渋谷区神宮前3-7-6
phone
0334023001
opening-hour
11:00-19:00[水]11:00-21:00

この記事を含むまとめ記事はこちら