Spiralにて10月18日から3日間限定!アートプロジェクト「The Drowned World Anchor」開催。


2019.10.18

OMOHARAREAL

青山通りに面したスパイラル3FのSpiral Hallにて、アートプロジェクト「The Drowned World Anchor」(沈んだ世界のアンカー)が2019年10月18日(金)〜20日(日)に開催される。このアートプロジェクトは、アメリカ出身、ノンヒューマン・アーティストとして活動している立石従寛氏や、東京と京都を拠点としながらホワイトキューブに限らない場において展覧会を実施している高木遊氏など新進気鋭のアーティストとクリエイターたちによって作られる。音、映像、写真、詩、氷の溶けたグラス、建築的構造体といった様々な要素から立ち上がる空間に、3日間限定で「暮らす」試みだ。日常と非日常、現実と仮想、身体と非身体、この間で生きている私たちの感覚を揺さぶる空間を存分に味わうことができそうだ。そして、仮想世界に忘れてきてしまった時間を伴った身体性とはいったい何なのか。このアートプロジェクトでは、「暮らす」試みによって表現さているので、どんな空間で表現されていてどんな風にこの空間を感じられるのか楽しんでいただきたい。身体性と時間感覚が乏しくなっていくこの時代、わたしたちを現実世界につなぎ止めるものは何なのか。アーティストやクリエイターによって、表現されるこの空間、この瞬間を見られるのは、この日だけかもしれないと思うとどんなアートなのか楽しみで仕方ない。概要「The Drowned World Anchor 」ー沈んだ世界のアンカーー開催日:2019年10月18日(金)〜10月20日(日)10月18日(金)17:30〜22:3010月19日(土)12:00〜22:3010月20日(日)12:00〜22:30会場:Spiral Hall(スパイラル3F) 東京都港区南青山5-6-23 入場料:無料主催:The Drowned World Anchor project会場協力:株式会社ワコールアートセンター協力:株式会社グランマーブルTAKAKEN STUDIOCuratorial Collective and Site HB. Nezu*入場制限がある場合があります。*20時以降は未成年者のご入場をお断りする場合がございます。*アルコール類の提供に関しては、年齢を確認できる身分証のご提示をお願いする場合がございます。■アーティスト・クリエイター立石従寛高木遊阿部真理亜ULTRA STUDIO梅沢英樹島田惇平太田信吾瀬戸山七海上村洋一田中開鈴木清貴中村優希園部燿※ホームページ記載順>>EDITOR’S VOICE今年で13回目となる「青参道アートフェア2019」が、2019年10月18日(金)〜10月22日(火)まで⻘⼭、表参道、原宿の対象エリアのショップ23店舗にて開催される。このオモハラエリアでアートを存分に感じてみては。Text : Ayaka Hashida  

spiral(スパイラル)
place
東京都港区南青山5-6-23
phone
0334981171
opening-hour
フロアによって異なる

この記事を含むまとめ記事はこちら