日帰りでもたっぷり遊べる穴場スポットなんです。「そうだ、山梨へ行こう」が大人女子の新トレンド

東京から甲府まで、電車で約2時間。ぽっかり空いた休日を使って、小トリップへ出かけてみませんか? 美食も、自然も、アートも、全部楽しみたい!というよくばり女子も満足できる、日帰りプランをご用意。大充実の1日になること、間違いなしです♪

9:00 武田信玄ゆかりの地で、歴女気取り!

山梨の壮大な自然を楽しむためにも、朝は早めに到着するのがベター。甲府駅に到着したら、バスに飛び乗り第1スポットの「武田神社」へ。東村アキコさんによるベストセラー漫画『雪花の虎』のテーマにもなっている武田信玄を祀る神社は、山梨でも指折りの人気スポットなんです。

9:00 武田信玄ゆかりの地で、歴女気取り!
本日ひとつめの名所に到着!

社殿へと向かう参道には、朝日がさんさんと降り注ぎます。たっぷりの緑に囲まれて、気分もリフレッシュできそう!

参道を歩きながら、たっぷりの朝日を吸収

拝殿に到着したら、定番の参拝を。朝なら人も少なく、ゆっくりとお祈りできるベストタイミングです。

いいことがありますように♡

ここで見逃したくないのが、名水が流れる「姫の井戸」。武田信玄の息女が誕生する際、産湯に使用されたことから、この名がつけられたそう。なんと、延命長寿・万病退散のご利益があるとか!

武田信玄も使っていたという名水

10:30 山梨名物は、やっぱり外せない!

人気店は、混み合うランチタイムの前に攻めるべし。そのためにも、朝ごはんは少量にしておくのが賢明です。向かったのは、昇仙峡のほど近くにある山梨の郷土料理・ほうとうの人気店「円右衛門」。ランチ前に時間の余裕があれば、壮大な自然が広がる昇仙峡を回るのも良し。階段の上り下りから、お腹もMAXでペコペコに!

  • こちらの看板が目印!
    こちらの看板が目印!

第五回昇仙峡「ほうとう味比べ大会」で優勝し、“ほうとうの名人”の称号が与えられた「ほうとう」(1,200円)は、地元民のお墨付き。かぼちゃやネギ、きのこなど、野菜たっぷりで、とってもやさしい味わいです。

アツアツのほうとうで、身も心もぽっかぽか

もうひとつの人気メニューが、「流しそうめん」(700円)。オーダーすると、卓上に設置された御影石に水が流れ、流しそうめんマシーン(?)へと早変わり! 麺が届いたら、この中に流すだけ。清涼感があり、春から夏にかけてはもってこいです。友達や恋人と一緒に楽しめば、ご飯タイムがさらに楽しくなりそう♪

なんとも涼しげ!
施設名称
流しそうめん円右衛門
住所
山梨県甲府市猪狩町423
電話番号
0552872120
営業時間
10時30分-16時30分
定休日
無休(季節や天候により休業あり)
駐車場
有り
紹介文
仙峨滝や覚円峰など、大自然が織り成す人気の観光スポット・昇仙峡。渓流を見ながら竹筒で味わう、流しそうめんが大人気。清水が巡回するテーブル席もあり、座って楽しむこともできる。「第5回ほうとう味くらべ真剣勝負」で名人に選ばれた田舎ほうとうもぜひ堪能しよう。
情報提供:
株式会社 JTB パブリッシング

13:00 山梨県立美術館で、ミレーの名画にうっとり

お腹がいっぱいになったところで、お次は芸術に触れる名スポットへ。山梨県立美術館はフランスの画家ジャン=フランソワ・ミレーの作品を数多く所有することで有名。週末には、全国から多くのファンが押し寄せるそうです。

13:00 山梨県立美術館で、ミレーの名画にうっとり
甲府駅からタクシーで15分ほど。バスもあります。

山梨県立美術館が所蔵するミレー作品は油彩画だけでも11点。パステル画などを含むと約70点と、見応え抜群です。世界を代表する有名画家の名画たちに、存分に酔いしれてください。

こちらに展示された作品、ぜーんぶミレーです!

ここの目玉作品は、ミレーの代表作として知られる《落ち穂拾い、夏》と《種をまく人》。清閑な館内でゆったりと名画を眺めれば、慌ただしい日々を忘れられるはず。

  • ジャン=フランソワ・ミレー 左:《落ち穂拾い、夏》(1853年)油彩・麻布
  • 右:《種をまく人》(1850年)油彩・麻布

館内に設置されている隠れ人気スポット、「富士見の窓」。天気がいい日は、富士山を含む山梨の名山が見渡せます。窓の外に広がる絶景は、まるで1枚の絵画のよう。

その名も「富士見の窓」!

美術館の外に広がる広大な敷地では富士山をバックに、岡本太郎やオーギュスト・ロダン、佐藤正明ら有名作家の作品を無料で楽しむことができます。ボタンやバラ、ハナミズキ、ラベンダーなど、いたるところに植えられている花々を鑑賞しながら、コーヒーを片手にお散歩タイムをエンジョイ!

彫刻が並ぶ庭を、ぶらり散歩♪
施設名称
山梨県立美術館
住所
山梨県甲府市貢川1-4-27 芸術の森公園内
電話番号
0552283322
営業時間
9-17時(入館は-16時30分)
定休日
月曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(日曜の場合は開館)、その他臨時開館・休館あり
駐車場
有り
料金
コレクション展510円、大学生210円、高校生以下の児童・生徒及び65歳以上(健康保険証等持参)は無料。特別展は別途
交通
最寄り駅:甲府
紹介文
1978年の開館以来、「ミレーの美術館」として広く親しまれている。最初のコレクションである種をまく人を中心として、約70点のミレー作品を収蔵。その他、バルビゾン派の作家、ヨーロッパの主要な風景画家、ならびに日本の近代美術の収集に力を注いでいる。収蔵品の総点数は現在、約1万点にもおよぶ。所蔵品を紹介する常設展示では、季節に合わせて年4回の展示替えを行い、できるだけ多くの作品を紹介している。
情報提供:
株式会社 JTB パブリッシング

15:30 山梨の名産・ワインの歴史を学びながら、ほろ酔い気分♪

ぶどうの生産量1位を誇る山梨は、全国でも有数のワイン生産地。せっかくそんな土地を訪れたなら、ワイナリー訪問はマスト!日帰り旅行ならば、甲府駅からほど近い場所で、抜群のアクセスの良さを誇る「ワイナリーSADOYA」がおすすめ。立派な門をくぐると、そこはまるでヨーロッパの街並み。プチ海外旅行気分を味わえちゃいます!

15:30 山梨の名産・ワインの歴史を学びながら、ほろ酔い気分♪
一歩踏み入れると、そこはヨーロッパの街並み

園内を散策してワインを買うだけでも楽しいけれど、ぜひとも参加したいのがワイナリーの見学ツアー。スタッフの方の案内とともに、醸造場・貯蔵庫の地下ワインセラーを見学することができます。1日6回を実施しており、所要時間は約40分ほど。敷地内のワインショップ内で、申し込みが可能です。

大きな樽のドアから、地下のワイン醸造所へ

約700坪に及ぶセラーには、ワイン醸造販売をスタートした1917年当時に使用していた樽貯蔵庫、一升瓶貯蔵庫、貯蔵用タンク内部に設けた展示室などがズラリ。写真のタイルの部屋は、実際にワインを貯めていた地下タンク。1室で約7万本分のワインが作れる(!)などなど、スタッフの方がわかりやすく説明してくれます♪

実際にワインを貯めていた、地下タンク

現在もワインの貯蔵庫として使用されている、こちらの地下セラー。大量の樽が並ぶ光景は、まさに圧巻!

ズラーっとならぶ大量の樽は、圧巻!

最後はお待ちかねの、ワインの試飲タイム。SADOYAが作る、白、ロゼ、赤、3種のワインを味わえます。ワイン作りの工程を学んだあとのお味は、一味違うはず! 30分ほどの見学に試飲付きで500円と、とってもリーズナブルな金額もうれしいですね。

テイスティングで、ほろ酔い気分に♪

試飲したワインは、敷地内のワインショップで購入することが可能。スタッフの方一押しが、4月に開催されたフランスの女性800人が審査するワインコンクールで金賞を受賞した「シャトーブリヤン2014白」(写真右・10,000円)&銅賞を受賞した「甲州醸し2015SMOKE−スモーク−」(写真左・2,000円)。お土産としてはもちろん、ちょっぴり贅沢な家飲みやホームパーティのために、ストックしておくのもアリ♡

敷地内のショップで、お土産をゲット!
施設名称
サドヤワインショップ
住所
山梨県甲府市北口3-3-24
電話番号
0552513671
営業時間
10:00-18:00
定休日
年末年始
情報提供:
ナビタイムジャパン

17:00 本格ガレットで、早めのディナー♪

たっぷり歩いて、そろそろお腹が空く時間。山梨名物も良いけれど、あえて地元の人が通う人気店を訪れるのがツウ! そこでおすすめするのが、山梨在住の女子から絶大な人気を誇るガレット店「すきまのじかんL’heure vide」。

17:00 本格ガレットで、早めのディナー♪
小さな路地にある、こちらの看板を目指して

ガレットの本場フランスで1年間修行したのち、東京・神楽坂にあるガレットの名店に勤めた店主が、2015年にオープン。本格的なガレットを求め、県内はもちろん、全国の女性がこぞって通う人気店です。

  • シンプルな店内の壁には、店名の由来となっているユニークな時計が
    シンプルな店内の壁には、店名の由来となっているユニークな時計が

人気No.1メニューは、ベーシックなエッグ、ハム&チーズ(平日限定のランチセット850円〜)。そのほかにも、旬な野菜をふんだんに使った創作ガレットを日替わりで提供中。ドリンクメニューも豊富で、店主が厳選した山梨県産のワインとの相性も抜群です♪

アツアツのガレットは、絶品!
施設名称
すきまのじかん L’heure vide
住所
山梨県甲府市丸の内1-14-14 オリオン共同ビル1F
電話番号
0552362414
営業時間
11:30-22:30(L.O.22:00)、ランチ:11:30-15:00
店休日
不定休日あり
平均予算
1000円
総席数
30
情報提供:
グルメ検索提供者

19:00 絶景露天風呂で、心身ともにリラックス♪

旅の締めくくりは、早大な山々を見渡せる露天風呂が人気の日帰り温泉「湯めみの丘」。厳選掛け流しの上質なお湯にゆったりと浸かって、日々の疲れを癒しましょ♪

19:00 絶景露天風呂で、心身ともにリラックス♪
緑の看板を目指して!

魅力は、開放感のある露天風呂。富士山、白根三山、鳳凰三山、八ヶ岳連峰など数々の名山を眺望できる大パノラマに、圧倒されること間違いなし。さらに夜の景観を彩るのが、日本三大夜景との呼び名高い甲府盆地の夜景。美しい景色を眺めながらのお風呂タイムで、心の底からリラックスできます。

天気の良い日は、富士山がくっきり

良質の高温泉が湧き出る山梨県ならではのお湯には、療養、休養、保養や、自己免疫力の増強などの効果があると言われています。ゆったりと浸かれば、旅の疲れはもちろん、日頃のストレスや疲労も吹っ飛びそう! 名湯をたっぷりと堪能したら、芯まで温まった身体で帰路へ。家に着いたらぐっすりと、良い眠りに包まれそう♡

お湯の効力も、スゴイんです!
施設名称
湯めみの丘
住所
山梨県甲斐市下今井2361-11
電話番号
0551282500
営業時間
10-22時(受付は-21時)
定休日
無休(点検日は除く)
駐車場
有り
料金
大人700円
交通
最寄り駅:塩崎
紹介文
100%かけ流しの温泉を楽しめる日帰り入浴施設。展望露天風呂をはじめ中温風呂、高温風呂、超高温風呂(男性のみ)、気泡風呂などで存分に満喫できる。展望露天風呂から眺める富士山、南アルプス、八ケ岳を望む絶景も見事。食事処やリラクゼーションルームも完備している。
情報提供:
株式会社 JTB パブリッシング

関連記事

関連スポット

  • 流しそうめん円右衛門 image

    流しそうめん円右衛門

    その他飲食店
    山梨県甲府市猪狩町423
  • 山梨県立美術館 image

    山梨県立美術館

    美術館
    山梨県甲府市貢川1-4-27 芸術の森公園内
  • dummy image

    湯めみの丘

    温泉/温泉浴場
    山梨県甲斐市下今井2361-11
  • すきまのじかん L’heure vide image

    すきまのじかん L’heure vide

    カフェ
    山梨県甲府市丸の内1-14-14 オリオン共同ビル1F
  • dummy image

    サドヤワインショップ

    酒店
    山梨県甲府市北口3-3-24
  • 武田神社 image

    武田神社

    神社(稲荷/権現)
    山梨県甲府市古府中町2611
cntlog