NAVITIME Travel

フルーツ天国・山梨へようこそ!旬のフルーツをとことん味わう♥よくばりプラン

果物の生産量No.1を誇る、山梨県。フルーツ狩りもさかんで、イチゴ(12~5月)、さくらんぼ・スモモ・桃(5~7月)、ブルーベリー(6~8月)、ブドウ(7~10月)、梨(9~11月)、りんご(9~12月)と、年間を通していつでも“旬”を味わえる、まさにフルーツ・パラダイスなんです♡ そんな山梨でフルーツをたっぷり堪能するための、鉄板コースをご紹介しちゃいます。

目次

  • 今がシーズン!さくらんぼ狩りで、いろんな品種を食べ比べ

  • フルーツを使ったクッキングレッスンで、女子力アップ♡

  • 絶対に食べたい! 行列ができる名物パフェに舌鼓

  • 今がシーズン!さくらんぼ狩りで、いろんな品種を食べ比べ

    6月は、さくらんぼのシーズン真っ盛り。新鮮なさくらんぼを楽しみたい!ってことで、さくらんぼ狩りへGO! 今回訪れたのは、山梨のなかでも大規模なさくらんぼ農園として知られる大沢農園。農園の方いわく休日はかなり混み合うらしく、事前に予約しておくのがベターとのことでした。

    この看板が目印!

    この看板が目印!

    スタッフの方に案内してもらい、いざグリーンハウスの中へ。すると、そこはまさに「さくらんぼの森」状態。全部同じ木に見えますが、じつは「高砂」や「佐藤錦」、「紅秀峰」など、様々な品種が揃っているんです。いろいろな種類を食べ比べられるのは、農園ならでは♪ なかでも絶対に試したいのが、山梨県が原産の「富士あかね」。種類を見分けるのは至難の技なので、農園の方に訪ねてみましょう。

    さくらんぼの森へ、迷い込んだよう♡

    さくらんぼの森へ、迷い込んだよう♡

    たっぷりの太陽を浴びて輝くさくらんぼの実は、まるで宝石のような美しさ! 目にもとってもかわいくて、テンションが上がりまくること必至。
    大沢農園では、5月末までは温室ハウスのさくらんぼ狩りのみの営業で、料金は3,100円(制限時間30分)。6月からは雨よけハウスでの営業がスタートし、料金は2,100円(制限時間40分)と、ちょっぴりお得に。6月末にはシーズンが終わってしまうので、早めにプランを立てましょう!

    枝先には、さくらんぼの実がわんさか!

    枝先には、さくらんぼの実がわんさか!

    大沢農園
    住所
    山梨県山梨市上岩下1236
    電話番号
    0553230674
    備考
    【URL】https://www.osawanouen.jp/
  • フルーツを使ったクッキングレッスンで、女子力アップ♡

    フルーツの楽しみ方は、ただカットして食べるだけじゃないんです! フルーツをさらに美味しく食べるための料理方法を習得できるのが、フルーツ料理をメインとした料理教室「マルサマルシェ」。教室とは言っても、エプロンや料理道具などの持参は不要。さらに、どの料理も1時間程度で学べる手軽さが、人気の理由です♡

    スタジオへ到着!

    スタジオへ到着!

    フルーツドレッシングやジャム・コンポート、フルーツパイ、パフェなどなど、選べるレッスン内容は10種類以上。フルーツを使った料理以外にも、山梨の郷土料理・ほうとうや、桃・ぶどうの木を使った木工体験などもあり、目移りしてしまいそう!

    とってもアットホームな雰囲気♪

    とってもアットホームな雰囲気♪

    いざ、1番人気の「フルーツサンド」のレッスンに挑戦! 材料や道具はすべて揃っているので、到着したらすぐに料理が開始できちゃいます。まずは生クリームを立てて、食パンにぬりぬり。

    新鮮なフルーツがどっさり!

    新鮮なフルーツがどっさり!

    食パンの下準備が完了したら、お次はフルーツのカッティング&盛り付け。この日使用したのは、イチゴ、キウイ、黄桃のコンポートの3種類。切り口の仕上がりをしっかり考えてから、切るのがキモ。事前に先生が切り口の見本写真を見せてくれるので、ご心配あらず!

    最大の難関!?︎ フルーツの盛り付けに挑戦!

    最大の難関!?︎ フルーツの盛り付けに挑戦!

    フルーツを並べ終わったら、もう1枚の食パンを上から重ねてカット! どんな風に仕上がるか、ドキドキ&ワクワクしちゃいます♪

    いよいよ最終仕上げへ

    完成したフルーツサンドが、こちら。

    じゃーん! フルーツサンドの完成です。

    じゃーん! フルーツサンドの完成です。

    お皿にきれいに盛り付けたら、記念の写真撮影を忘れずに! SNSにアップすれば、女子力の高さもアピールできちゃう!?
    そして最後はお待ちかねの、試食タイムです。ふわっふわの食パンと、フルーツの自然な甘みが絶妙にマッチして、まいう~♡
    作るのにかかった時間は約45分ほどと、あまりのお手軽さにびっくり。彼に作ってあげれば、ポイントアップすること間違いなしっ。

    フルーツ土産も、ここでゲットできます!

    フルーツ土産も、ここでゲットできます!

    スタジオでは、今回使用した桃のコンポートやジャム、ドレッシング、ジュースなどの購入が可能。すべて手作りという商品は、化学調味料を使わず安心&安全なうえ、抜群のおいしさ。友達や家族へのお土産にすれば、よろこばれること間違いなしです。
    さらにカフェスペースでは、手作りジェラートを販売中。砂糖を最小限に抑え、フルーツそのものの甘みを生かしたジェラートは絶品。ここでしか食べられない逸品は、ぜひとも味わってみてください!

    マルサフルーツ古屋農園 マルサマルシェ クッキングスタジオ
    住所
    山梨県笛吹市一宮町末木238
    電話番号
    0553474447
    備考
    【URL】http://www.marusa-marche.com/
  • 絶対に食べたい! 行列ができる名物パフェに舌鼓

    ラストにご紹介するのは、フルーツをふんだんに使用したデザートの激戦区・山梨で圧倒的な人気を誇る名物パフェ。そんな絶品スイーツを堪能できるのが、フルーツパーク内にそびえ建つ富士屋ホテル1階の「カフェ ベラヴィスタ」。

    入り口は、ホテル1階のフロント付近に

    入り口は、ホテル1階のフロント付近に

    じゃーん! 全国の女子が憧れるパフェ(1,380円)の登場。その迫力&美しさに、女性たちからは歓声が上がるそう。人気の理由はやっぱり、ふんだんに使用されたフルーツ。パフェのフレーバーは、フルーツの旬の季節によってチェンジ。イチゴは5月中旬までで、そこから初夏はブルーベリー、夏は白桃、秋はぶどう、秋~冬にかけてはマロン。お好みのフルーツの旬を狙って行きましょう。

    こちらが名物のフルーツパフェ♪

    こちらが名物のフルーツパフェ♪

    店内の窓からは、山梨の美しい山々を堪能できます。目にも鮮やかな緑を眺めながらのカフェタイムは、まさに至福のひととき♡ お腹も目も大満足できることお墨付きです。

    窓の外に広がる美しい景色に、美味しさ倍増

    窓の外に広がる美しい景色に、美味しさ倍増

    フルーツパーク富士屋ホテル
    住所
    山梨県山梨市江曽原1388
    電話番号
    0553228811
    備考
    カフェ ベラヴィスタ営業時間:[朝食]7:30~9:00 [喫茶]9:00~16:30
    定休日:無休
    【URL】http://www.fruitpark.jp/restaurant/bellavista/index.html

    2019/06/05チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金 更新日:2019/05/22

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの記事(旅行の目的別)

スイーツ
もっと見る
町歩き
もっと見る

おすすめの記事(エリア別)

もっと見る

新着記事

もっと見る