NAVITIME Travel

セピア色の町・洲本。「レトロこみち」で動きだすイニシエの時間【淡路島】

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

12. June. 2017

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

海に囲まれた美しい淡路島、その中心部に位置するのが洲本市。江戸時代から城下町として栄えてきたこの地に、昔の面影を残す小さな通りがあります。その名も「洲本レトロこみち」。懐かしさ漂うこの通りが、近年密かに注目されているのをご存知でしょうか?古き街並みに生まれ行く「食」と「アート」。今、洲本に新たな息吹がふきこまれる!

目次

  • 洲本レトロこみち誕生
  • あったかいお袋の味!「こちみ食堂」
  • いつまでも心に残る灯りを 「そらのあかり カラコルム」
  • 洲本に新風を巻き起こす!「たねさん 釜焼きチャーシューと中国茶」
  • ”ほっと”する第二の我が家 「ぎゃらりー&かふぇ ほっと」
  • 淡路の”美味い”をガブッと一口!「第八戒丸」
  • アートと食で蘇る町。しかし、真の魅力は人の温かさにあり!

この記事を含むまとめ記事はこちら

新着記事

    もっと見る

    新着の観光コース

      兵庫県の写真集

    • 全国

      |

      エリアから探す

      • 目的から探す