【神楽坂】美しすぎて思わずハイテンション!「アトリエコータ」で食べるフォトジェニックなフルーツパフェ


2017.03.16

NAVITIME TRAVEL EDITOR

東京・神楽坂は、路地裏を中心に古くから続く和食の名店や可愛らしい店構えのフレンチ、小さなスペインバル、知る人ぞ知る隠れ家バーなど、趣の違う飲食店が混在する不思議な街です。それぞれの魅力がうまく調和し、落ち着いた雰囲気で、食通の大人たちが集う場所としても知られています。そんな神楽坂にフォトジェニックなスイーツを食べられると評判のお店があるのをご存知ですか?今回は、行ったらカメラを構えたくなること間違いなしの絶品パフェをご紹介します。

  • 01

    食べちゃうのがもったいないアートなパフェ…その味は?

    「アトリエコータ」は、まるでアートみたいに美しい絶品パフェを食べることができると人気のスポット。季節によってパフェの種類が変わるので、何度も足を運ぶスイーツファンも多いんだとか。取材に訪れたときは「ピスタチオと杏子のパフェ」がちょうど始まったところでした。ワイングラスに飾られた「アトリエコータ」のパフェ。食べてしまうのがもったいない…あまりにおしゃれで、見ているだけでテンションが上がってしまう人も多いのではないでしょうか。

    「ピスタチオと杏子のパフェ」 1300円(税込み)

    「ピスタチオと杏子のパフェ」 1300円(税込み)

    しかもこのパフェ、オーナーパティシエの吉岡浩太さんが、目の前で一つ一つ手作りしてくれるんです。バターや砂糖の良い香りが漂うなか、美しく盛り付けられていくパフェを見ていると、食べる前からワクワクした気分に。絵を描くように繊細にパフェを作っていく吉岡さんの一挙手一投足に、思わず目が釘付けになってしまいます。メニューに写真が載っていないので、最後まで完成した姿がわからないのもドキドキ感を盛り上げてくれます。

    できたてのデザートが食べられるスタイルも人気

    できたてのデザートが食べられるスタイルも人気

    できあがったパフェは、写真を撮らずにいられないほどの完成度。上にはゴールドの飴細工が飾られ、その上品かつゴージャスな見た目は、食べてしまうのが躊躇われるほど。意を決して、スプーンを手に取ると、ピスタチオのクリームとアイスが杏子の酸味とベストマッチ。アイスの下にある薄いクッキー生地のチュイルを割って食べると、口の中でクッキー、ナッツ、飴細工の食感がアクセントに。味はもちろん、食感もおもしろいデザートです。

    淡いグリーンのピスタチオクリームと鮮やかなオレンジ色の杏子のコントラストが絶妙

    淡いグリーンのピスタチオクリームと鮮やかなオレンジ色の杏子のコントラストが絶妙

    グラスの中央には、生クリーム、きれいな色の杏子のシャーベット、細かく砕かれたホワイトチョコレートのチップ、透き通ったパープルの赤ワインゼリーが。パフェの上部とは、別のデザートを食べているようなさっぱりとした味わい。杏子の酸味とは異なる酸味を持つ赤ワインゼリーが、味に深みをプラスします。全てを一緒に食べると、計算がピタリと合うように甘みと酸味の絶妙なハーモニーが口いっぱいに広がります。見た目だけでなく、味も絶品。

    赤ワインゼリーが良い仕事してます

    赤ワインゼリーが良い仕事してます

  • 02

    ベストな組み合わせを求めて…細部に光る一流パティシエのこだわり

    それもそのはず、オーナーパティシエの吉岡さんは、高級ホテル「コンラッド東京」内のレストラン「ゴードンラムゼイ」のパティシエを経て、イギリスにあるレストラン「ラ・ノアゼット」のスーシェフを務めるなど、レストランを中心に修業を積んだ実力派なんです。吉岡さんがメニューを考えるときに心がけているのは「複雑な味になりすぎないような、たくさんの人の心を捉える組み合わせ」だそう。日々、デザート作りに思いを馳せているため、日常のふとした瞬間に、おもしろい組み合わせをひらめくこともあるそうです。

    オーナーパティシエ・吉岡浩太さん

    オーナーパティシエ・吉岡浩太さん

  • 03

    並んででも食べる価値あり!できたてのスイーツ

    「アトリエコータ」は、神楽坂という土地柄もあって、オープン以来、老若男女問わず様々な人に愛されています。カウンターのみ9席なので、行くときは予約したほうが確実。平日は予約することができますが、週末は予約を受け付けていないため2~3時間待ちになることもあるそうです。ただ予約ができない週末も、30分以上待つ場合には、何時ごろお店に戻ればデザートを食べることができそうか教えてもらえるため、待ち時間に神楽坂散策を楽しむのも良いかもしれません。

    吉岡さんが目の前で作るできたてのデザートは、たとえ待ったとしても、期待を裏切らないおいしさです。パフェなど季節によって変わるメニューはもちろん、クレープシュゼットやモンブランカシスなど「アトリエコータ」の定番メニューも根強い人気。どのデザートも思わず歓声をあげたくなる美しさです。

    ケーキを買ってお家でティータイムもいいですね

    ケーキを買ってお家でティータイムもいいですね

    週末しか行くことができないけど、待つのはちょっと…という方は、お持ち帰りできるケーキを買って、家でのんびりティータイムを過ごすのも良いかもしれません。

    カウンターでデザートが楽しめるのは、平日午後1時から5時まで、土日祝日は午前11時から午後6時までです。ケーキのテイクアウトは平日午前10時から午後8時まで、土日祝日は午後7時まで。月曜日はケーキのテイクアウトはできますが、カウンターでのデザートは、お休みなのでご注意を。

    ATELIER KOHTA
    place
    東京都新宿区神楽坂6-25
    phone
    0352274037
    opening-hour
    [テイクアウト、カフェ] 10:00…
    no image

    休日にカメラを持って、まるでアートみたいな絶品パフェを食べに出かけてみてはいかがでしょうか?

この記事を含むまとめ記事はこちら