【築地市場】「おいしい」の宝庫!お腹いっぱいになる築地場外の楽しみ方


2017.04.17

NAVITIME TRAVEL EDITOR

毎日、新鮮な魚が全国のみならず全世界から集まる築地市場。ここは都内に11カ所ある東京都中央卸売市場のうち最も古い歴史を持ち、専門業者によって魚や野菜が売り買いされる総合市場です。取り扱う海産物はなんと約480種類、野菜や果物も約270種類と多く、まさに“日本の台所”。築地市場周辺には新鮮な海鮮をつかったお寿司や海鮮丼が食べられる店も多く、おいしいものを食べようと、連日、世界中から観光客が訪れています。今回は、そんな築地を目いっぱい楽しむ方法をご紹介します。

  • 01

    “日本の台所”築地へ行こう!そもそも「場内」と「場外」とは?

    築地では主に「場内」、「場外」と呼ばれる2つのエリアに分かれています。築地市場の「場内」には、専門業者が魚や野菜を仕入れる「仲卸売り場」、寿司屋など飲食店が軒を連ねる「魚がし横丁」があります。「仲卸売り場」では、早朝から卸売業者の威勢のいい声が響き渡るなか、小型運搬車「ターレ」がギリギリですれ違います。ここは原則的にプロの料理人や業者のための場所です。

    築地場内「仲卸売り場」

    築地場内「仲卸売り場」

    「魚がし横丁」は一般客でも入ることができます。ただし、ここはもともと仕入れを終えた業者の人たちが朝ごはんを食べるために立ち寄っていた場所。オープンも早ければ、終わるのも昼頃と早いので、観光で訪れるのは難易度の高いスポットです。

    築地場内「魚がし横丁」

    築地場内「魚がし横丁」

    観光で築地を訪れるなら、断然オススメなのが「場外」。文字通り、築地市場の外側一帯に広がる商店街です。場内の「仲卸売り場」で売られている魚などが、プロ向けで量やサイズが大きいのに対し、場外の魚屋では、家庭で食べるのに適した量の新鮮な魚介類を買うことができます。

    築地観光なら「場外」が断然オススメ!!

    築地観光なら「場外」が断然オススメ!!

    昼頃、店を閉める昔ながらの店舗もありますが、一日中オープンしている飲食店もあるので、ランチやディナーを楽しむことも。場外は魅力がいっぱいです。

    「場外」商店街はいつも大賑わい

    「場外」商店街はいつも大賑わい

  • 02

    500円で食べられる海鮮丼に出会う!場外で業者気分の朝ごはん

    築地駅で降りて歩いていくと、まず突き当たるのが、築地場外のまさに入口「もんぜき通り」。ここには昭和初期から、代々続いてきた飲食店などが並び、長年、築地市場で早朝から働く人たちの胃袋を満たしてきました。観光客向けというよりは、プロたちの憩いの朝ごはんスポット。

    ここが築地で働く人たちの胃袋を満たしてきたんですね…

    ここが築地で働く人たちの胃袋を満たしてきたんですね…

    飲食店のメニューも寿司や海鮮丼以外に、ラーメンやモツ煮、深大寺そばなど様々です。すじこやタコ飯などが人気のおにぎり専門店「丸豊」は、なんと朝3時にオープン。どのお店も朝5時には営業を開始し、お昼過ぎには店を閉めます。早起きして場外散策をするときには、業者気分で腹ごしらえするのもオススメです。

    早朝から営業し、午後1時前後に締まるお店も。

    早朝から営業し、午後1時前後に締まるお店も。

    “朝ごはんだしリーズナブルなほうが良いけど、せっかく築地に来たからには新鮮な魚が食べたいな!”という方にオススメなのが、「もんぜき通り」にある「うおがし丼 かんの」です。ここの目玉は、店主自らがセリで買い付けた魚で作る「スペシャルサービス丼」。日によって魚の種類は異なりますが、築地の海の幸を手軽に味わってほしいと、なんと500円で販売しているそう。

    回転が速いから待ち時間も少なめ

    回転が速いから待ち時間も少なめ

    「スペシャルサービス丼」には日によって違う内容

    「スペシャルサービス丼」には日によって違う内容

    「スペシャルサービス丼」 500円(税込み)

    「スペシャルサービス丼」 500円(税込み)

    場外では、海鮮丼の相場が3,000円くらいなので、驚きの安さです。食べ歩きもランチもしっかり楽しむ予定なら、お財布にやさしい朝ごはんかもしれません。

  • 03

    昔ながらのプロ御用達の専門店でお土産をゲット

    築地に今ほど一般客が訪れるようになる以前、場外は、観光スポットというより、どちらかというとプロ御用達の専門店街でした。

    プロ御用達の乾物店

    プロ御用達の乾物店

    一流のお店は使うダシや豆も当然一級品

    一流のお店は使うダシや豆も当然一級品

    めずらしいところでは、ダシ用のワカメや貝柱など乾物専門店、黒豆や小豆など豆の専門店も。そのほか、プロ仕様の包丁専門店、高品質な調理器具の専門店など、種類も様々。

    プロ御用達の調理器具専門店

    プロ御用達の調理器具専門店

    同じ道具を使えば一流の料理が作れるかも?

    同じ道具を使えば一流の料理が作れるかも?

    ここで買った品々を持ち帰れば、家でもワンランク上のプロの味が再現できるかもしれませんよ。お土産にも喜ばれそう。

  • 04

    外国人観光客にも大人気!手軽に楽しめる築地のストリートフード

    場外の散策をしていると、そこかしこから香ばしい良い香りが漂ってきます。何かと思えば、ホタテやカニなどが網の上でジュージュー音をたてて焼かれています。目の前で海産物を焼くスタイルは観光客に大人気。小腹がすいたときにピッタリです。

    どっちにしよう…生うに?ホタテうに焼き?

    どっちにしよう…生うに?ホタテうに焼き?

    なかには、その場で食べられるよう刺身で食べられるような殻付きのウニ、赤貝、ぼたんエビ、生ガキなどを売る店も。

    お刺身もストリートフードに!

    お刺身もストリートフードに!

    外国人観光客も築地の魅力にノックアウト

    外国人観光客も築地の魅力にノックアウト

    ちょっとずつ色々なものが楽しめるので、日本の食べ物にくわしくない外国人観光客にも大人気。あたりでは外国語が飛び交い、たくさんの人が築地ならではのストリートフードを楽しんでいました。

  • 05

    日本の伝統的なスイーツもストリートで!

    “日本の台所”築地で人気なのは海鮮ばかりではありません。外国人観光客に特に人気なのが、日本のイチゴ!外国では、酸味が強いワイルドな味のイチゴが多いそうですが、日本のイチゴは、見た目も美しく、ツヤツヤ、ピカピカで、まるでお菓子のような糖度の高さが特徴。箱買いする外国人も多いんだとか。

    まるで宝石みたい♡ 国産イチゴは大人気なんですって!

    まるで宝石みたい♡ 国産イチゴは大人気なんですって!

    レアな白イチゴや可愛いイチゴ大福も人気

    レアな白イチゴや可愛いイチゴ大福も人気

    ほかにも、串刺しになったわらび餅などユニークなおやつも。ちょっとずつ色々な味を楽しみたい人にピッタリです。

    わらび餅を食べたことがない外国人でもコレならトライしやすいですね

    わらび餅を食べたことがない外国人でもコレならトライしやすいですね

    気に入ったみたい!わらび餅を食べて笑顔に♡

    気に入ったみたい!わらび餅を食べて笑顔に♡

  • 06

    困ったときのお助けスポット「ぷらっと築地」

    「ぷらっと築地」にはインフォメーションデスクがあり、英語と日本語で店舗案内などをしてもらえます。なにか困ったことがあるときは、ここで聞くと良いかも。

    困ったときは「ぷらっと築地」へ

    困ったときは「ぷらっと築地」へ

    休憩スペースやコインロッカーがあるので、ちょっと休みたいとき、お土産を買いすぎてしまったときには、とでも便利ですね。

    ひと休みしたいときや荷物を預けたいとき便利

    ひと休みしたいときや荷物を預けたいとき便利

    “日本の台所”の名にふさわしく築地場外は、まさに「おいしいの宝庫」。おいしい朝ごはんを食べて、プロ御用達の品々を買い、ストリートフードに舌鼓を打って大満足の一日を過ごしてみませんか?

    ぷらっと築地
    place
    東京都中央区築地4-16-2 千社額棟1F
    opening-hour
    [平日、土]8:00-14:00[日、祝…
    築地場外市場
    place
    東京都中央区築地4-14-16
    phone
    0335419466

この記事を含むまとめ記事はこちら