NAVITIME Travel

鳥取市の金運アップのパワースポット!「もうけ神社」

なにかとよく比べられるのが鳥取県と島根県。島根県は言わずと知れた「出雲大社」に代表されるご縁の国、神様の国ということで年間を通しての参拝客が多いですね。実は、お隣の鳥取県にも神社がたくさんあるのです。それも、「金運」に善い名前の神社が幾つも!ご利益求めてドライブの旅!

目次

  • 鳥取県も神様がいっぱい!

  • 難所!264段の階段

  • 本殿に到着!

  • やっぱり欲しい開運金運グッズ

  • 鳥取県も神様がいっぱい!

    黄金神社、福栄神社、金持神社などなど、鳥取にはご利益のある神社がいっぱい!
    今回はその中の一つ、金運アップや商売繁盛のパワースポットとして多くの人が全国から訪れていることでも有名な「茂宇気(もうけ)神社」に行ってみましょう。ナビに住所「鳥取県鳥取市鹿野町河内」をいれて出発!

    絶好のドライブ日和で空も高く青い!

    絶好のドライブ日和で空も高く青い!

    三徳山からなのでまだ雪が少し残っていましたが、眼下にはこんもりと茂る山の風景がずっと続きます。降りると広がる田園。田舎道を進んでいくと細い橋の先に立て看板がみえてきたので渡っていくと、

    冬の三徳山から見下ろす景色

    冬の三徳山から見下ろす景色

    突然現れる鳥居。ここが「茂宇気(もうけ)神社」の入り口です。
    駐車場に利用できる広い空き地があり、車を停める場所には困りませんが、神社の由来を大々的に宣伝するようなものはなく簡単な神社の歴史を書いた看板が一枚だけなので、見逃さないように注意。
    鳥居の前で一礼し、山の中へ続く細いコンクリートの道を進みましょう。

    うっかり通り過ぎないように注意しましょう

    うっかり通り過ぎないように注意しましょう

    すれ違う人もいない、ひっそりとした道を歩きます。神社の行き先を示す矢印や看板もなく、本島にここにあるのか?と不安になってしまうかもしれませんが、本殿は山の中腹に鎮座しているということなので、迷わずこのまま進みましょう!

    この道をどんどん奥へ進みます

    この道をどんどん奥へ進みます

  • 難所!264段の階段

    しばらく歩くと急勾配の坂道になります。坂道を上がりきると、さらに目の前に石段が見えてくるはず。こちらもなかなか急な石段です。
    3月とはいえ気温の高かったこの日、石段を上るごとに息が上がっていきます。

    この先をさらに進みます

    この先をさらに進みます

    登り切ったところで二つ目の鳥居を発見。一礼して、鳥居をくぐって見上げると再び石段が!
    苔むした石段が延々と、はるか上まで続いています。
    この石段はすべて数えると264段になるそう。スニーカーなど歩きやすい靴は必須です。

    二つ目の鳥居

    二つ目の鳥居

    急斜面な石段が続きます。手すりにつかまりながら滑らないよう一歩一歩、確実に登って行きましょう。振り返ると登って来た距離にちょっとクラクラしてしまうかも。
    登りが長いので少し大変ですが、澄んだ空気の中をゆっくり進みましょう。

    ご利益への道が続いていきます。

    ご利益への道が続いていきます。

    神社参拝前にお清めのために神社に必ずある手水鉢。多くの神社には屋根のついた手水鉢があるのですが、ここの手水鉢は噴水状に水がナチュラルに流れているんです。

    なんだか神秘的な湧水でお清めを

    なんだか神秘的な湧水でお清めを

    神社だけでなく、ここの土地全体がパワースポットという雰囲気。石段を上がり泉で手と口を清めただけで、すでに浄化されたような気がします。

    きっと多くの参拝者の方々がここで心を洗われ、本殿に向かうのでしょう。さあ、本殿までもうすぐです!

    苔むした手水鉢

    苔むした手水鉢

  • 本殿に到着!

    石段を登りきると、とうとう本殿に到着です!
    木漏れ日がキラキラと差し込む境内へ一歩足を踏み入れると、「登りきった」という達成感から空気が余計においしく感じます。静かな本殿の様子に心も落ち着き、すがすがしい気分。

    清々しい境内

    清々しい境内

    さっそく神様にお参りを。よく見ると、掲げられている名前は「茂宇氣神社」とあり、やはりここでも「エネルギー」を感じさせる「氣」がありました。
    「宇」宙の「氣」が「茂」っている神社なのかもしれません。

    お賽銭をいれて祈ります。

    お賽銭をいれて祈ります。

    「儲け」ちゃうぞ、ご利益もらっちゃえ!と石段を登ってきたものの、実際に神様の前で手を合わせると、不思議と心に浮かんできたのは感謝の言葉でした。境内ですがすがしい空気をいっぱいに吸い込んだら、煩悩が飛んでいったようです。

    あちこちによい氣を感じます。

    あちこちによい氣を感じます。

    もともとは地元の産土神として祀られていた神社ですが、今では全国でも名の知られるスポット。

    参拝できる神社内には社務所もなく、ひっそりとしているのですが、実は、この茂宇気神社の境内は近隣一体のお山全体なんだそう。
    近隣の田園風景や山が、生き生きとして見えているのは、きっとこのあたり一帯を山の神様が守っているからなんでしょうね。

    巨木から山のパワーを感じます

    巨木から山のパワーを感じます

  • やっぱり欲しい開運金運グッズ

    本殿の近くには神社関係者が常住している場所はありませんが、車で2-3分のところに社務所がありますので行ってみましょう。ここではおみくじや「もうけ神社」と入ったお守りのほか、御朱印やお札も手に入れることができます。
    社務所へのアクセスは、ナビに鹿野町鷲峰889といれます。鷲峰神社の宮司もかねていらっしゃるので、こちらの神社の名前をいれても大丈夫です。

    ご利益がありそうですね。

    ご利益がありそうですね。

    今からの季節、新しい生活が始まる方も多いですよね。心機一転、体も心もすっきり浄化して、金運だけでなく、運気を高めるパワーを感じる「もうけ」神社に手を合わせに出かけてみませんか?

    茂宇気神社
    住所
    鳥取県鳥取市鹿野町鷲峰889
    電話番号
    0857842759
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事