今大人気の焼き物の町、益子へ行こう! 1泊2日の女子旅パーフェクトプラン〈後編〉


2018.03.11

NAVITIME TRAVEL EDITOR

焼き物、アンティークショップ、おいしいご飯…気になるスポットがコンパクトにまとまっているのが魅力の栃木県益子町。友だちとワイワイ盛り上がりながら、お散歩気分で楽しめる益子旅〈後編〉をご紹介!

  • 01

    2日目 10:00 濱田庄司記念 益子参考館へ

    近代日本を代表する陶芸家で、人間国宝として歴史にその名を刻んだ故・濱田庄司氏が、実際に住んでいた益子参考館へ。濱田氏自らが収集した工芸品を展示しています。

    濱田氏が使用していた工房や、作品、収集した工芸品など、見所が盛りだくさん。

    参考館の奥にある濱田庄司館では、濱田焼の器でコーヒー(400円)やお抹茶(500円)を楽しめるスペースも! 濱田氏が収集した調度品が並ぶセンスの良い空間で、ゆったりとコーヒーを楽しむことができます。

    濱田庄司記念益子参考館
    rating

    4.0

    24件の口コミ
    place
    栃木県芳賀郡益子町益子3388
    phone
    0285725300
    opening-hour
    9:30-17:00(入館は16:30まで)
  • 02

    11:30 アンティークショップで掘り出し物探し

    益子は焼き物だけでなく、アンティークショップの激戦区! オススメの2店舗をご紹介します。

    ・仁平古家具店 益子店

    オーナーが厳選する希少な家具や雑貨等を販売する「仁平古家具店」は、おしゃれな人たちの間で話題殺到! 状態も良く、値段もお手頃な家具が並んでいます。

    1つ500円〜。(すべて一点物のため、現在は売り切れている可能性あり)

    1つ500円〜。(すべて一点物のため、現在は売り切れている可能性あり)

    大きな家具だけでなく、デッドストックの絵の具入れやグラスなど、持ち帰りやすい小ぶりなアイテムも揃っています。

    ・アンティークショップモダンロフト

    明治・大正・昭和の和洋古家具・ガラス類がひしめきあう「アンティークショップモダンロフト」は、プロのバイヤーも訪れるほどの品揃え。なかでも看板商品であるガラス製品に人気が集中。

    ガラス製品の数々は、ひとつ2,000円〜。

    ガラス製品の数々は、ひとつ2,000円〜。

    オーナーのお眼鏡に叶ったアイテムは状態も良く、リピーターも多いんだそう!

    アンティークショップモダンロフト
    place
    栃木県芳賀郡益子町大字益子3435-1
    phone
    0285722086
    no image
  • 03

    13:30 「陶知庵」でランチ休憩

    お食事から、漬物、ドレッシングに至るまですべて手作り。素材にこだわり抜いた田舎料理が楽しめる陶知庵で、ランチをいただきましょう。

    創業当時から人気No.1の野菜コロッケ御膳(1,050円)はホクホクのじゃがいもに、たっぷりの刻んだ野菜をミックス。心も体も喜ぶ美味しさ♡

    テラス席ではワンちゃんも一緒に食事することが可能。愛犬家たちの間でも話題のお店なんです。

    碧いうつわと田舎料理 陶知庵
    rating

    4.0

    6件の口コミ
    place
    栃木県芳賀郡益子町大字益子3053-2
    phone
    0285722386
    opening-hour
    [田舎料理]11:30-21:00(17:00…

この記事を含むまとめ記事はこちら