【東京メトロ「地下謎への招待状2015」】難関を乗り越え、衝撃の終着を迎えられるか!?(12/27まで)


2015.10.06

NAVITIME TRAVEL EDITOR

近年、人気急上昇の謎解きイベント。今回の舞台は「地下鉄」。実際に乗って、各駅にある謎を解き、答えを探していきます。

  • 01

    謎解きキットは「東京メトロ定期券うりば」で。(発売箇所は限定)

    このイベントは2015年12月27日までならいつでも参加可能です。集合時間などの制限もありませんので、お好きな時間に楽しむことができます。
    はじめるには「謎解きキット」が必要。東京メトロの、銀座駅・上野駅・池袋駅・新宿駅・渋谷駅(銀座線)のいずれかの定期券うりばで発売しています。
    ちなみに、おススメは新宿駅。その先のルート的には効率的じゃないかな、と編集者独自の感想です。

    キットは以下のもので構成されています。謎解きには「全部使います」。
    ・ケース
    ・謎解きガイドブック
    ・1日乗車券
    ・えんぴつ
    ・謎の穴が開いている厚紙

  • 02

    謎をクリアするには出口の外に出ることも

    とある4つの駅に向かうのですが、まずは、その4駅を見つけることからスタート。なので、この謎解きを始める前に、喫茶店などのスポットで考えてからはじめるのがよさそう。

    次の駅まで作戦会議中。

    次の駅まで作戦会議中。

    地下鉄の構内だけではなく、時には外にも出ます。
    私たち以外の参加者も多く、キーとなる駅にはキットを持った方々を多く見かけました。みなさん解くのが早いですね・・・。

    この神社に何かあるらしい…(みんな参加者)

    この神社に何かあるらしい…(みんな参加者)

  • 03

    謎が解けてきた!でも・・・!

    4つの駅で集めた情報から、さらに次の駅への道しるべができるのですが、またここで一休み。
    キーワードを暗号どおりに、あーやって、こーやって・・・。
    あっ!

    謎が解けた瞬間(残念ながらお見せするわけにはいきません)

    謎が解けた瞬間(残念ながらお見せするわけにはいきません)

    すべての駅にある謎を解き、最後の駅へ。そこに待っているものとは・・・っ!
    そして、たどり着いただけでは終わらない、かなり奥の深い内容になっています(地下鉄だけに)。

    最終地点に来たものの、新たな難問が。しかし、このあと衝撃の事実が!

    最終地点に来たものの、新たな難問が。しかし、このあと衝撃の事実が!

    最後の答えがわかったら、イベントの特設サイトにアクセスして入力。見事正解すればエンディングが流れ、解けた証をツイートすることもできます。
    順調に行けば約3時間ほど。もし謎が解けそうになければヒントも用意されていますので、初心者も気軽に参加できます。
    秋も深まり、週末にちょっとお出かけしたい方、普段は通勤で使っている東京メトロで遊んでみるのも楽しいですよ!

この記事を含むまとめ記事はこちら