NAVITIME Travel

【ドリームスリーパー号(東京~広島)】バスなのに無重力!?「ゼログラビティシート」とは?〔ちょっとリッチなバスの旅♪〕

従来の高速バスのイメージを覆すような、「これを知ったら乗りたくなって堪らない」バスを紹介。 第2回は「ドリームスリーパー号」。ぐっすり眠れるよう、とことん座席にこだわっています。

目次

  • 席毎のプライバシーはしっかり確保。スタイリッシュな室内

  • これが「ゼログラビリティシート」。4席だけの特別な空間

  • ゼログラビティシートならアメニティも充実!乗った人だけもらえる限定品!

  • 実際に寝てみました。

  • 長旅にはうれしい機能/設備もいっぱい

  • 発売は1カ月前から。金曜、祝前日はお早めに予約を!

  • 席毎のプライバシーはしっかり確保。スタイリッシュな室内

    このバスの定員は14人。横2列×縦7列の配置です。すべての座席は通路側にパーテーションが設けられており、カーテンを引いてしまえば周囲の目が気になることはありません。
    パーティションは白を基調としていて、とてもスタイリッシュ。
    通路も広めで、化粧室を利用するときも他のお客さんに気兼ねする必要はなさそう。
    なお、乗車時に靴を脱ぎます。バスに乗っているというよりは、家でくつろぐような感覚になります。

    通路から見たゼログラビティシートはこんな感じ。観光バスタイプと比較すると、横2列×前後2列分の約4人分のスペースに、1人分の座席が堂々と構えています。スイッチ類はすべて手の届く範囲で配置。

  • これが「ゼログラビリティシート」。4席だけの特別な空間

    ドリームスリーパー号には2タイプの座席があります。前方4席が「ゼログラビティシート」。何が無重力かというと、そのリクライニングしたときの姿勢。この座席は背もたれが倒れる他に(40°)、座面の角度を変えることができます(30°)。また、レッグレストを水平に持ち上げることができるため、まさに「浮いた状態」を再現できるのです。
    前後もパーティションで仕切られ、ほぼ個室。前後の人を気にせず思う存分リクライニングできます。通路とは異なり木目調なので落ち着いた雰囲気です。

    後方の10席は「エグゼクティブシート」。座席はゼログラビティシートとほぼ同じですが、前後の仕切りはカーテンで、間隔はやや短め。後ろの人に配慮しながらリクライニングしましょう。
    それでも他の高速バスに比べたら十分に広く、贅沢な座席です。

  • ゼログラビティシートならアメニティも充実!乗った人だけもらえる限定品!

    スリッパとポーチが備え付けられています。どっちも「ドリームスリーパーオリジナル」。しかも持ち帰り可能です。

    ポーチの中には、歯ブラシ/耳栓/アイマスク/ヘッドホンカバー/ブラシ/靴べらが入っています。

    なお、エグゼクティブシートのアメニティはスリッパのみ。ポーチは有料での販売となっています。運転手にお尋ねください。

  • 実際に寝てみました。

    やっぱり座ってみないことにはわからないでしょ、ってことで、体験しました。
    まず、足元が広い。があるので、レッグレストを水平にした状態でも窮屈には感じません。ちょっとした荷物を床においても余裕があります。

    で、フルリクライニング状態に。ちょうどハンモックで寝ている状態、というのがふさわしい感じでした。毛布を掛けて、あぁ、このまま寝てしまいたい…。運転手さん、このまま広島までお願いします(取材中なのでちゃんと起こされました)。
    このシートなら、広島までの長旅でも十分くつろげるし、ぐっすり眠れそうです。

  • 長旅にはうれしい機能/設備もいっぱい

    このバスにはWi-Fiが設置されています。「広島まで時間があるからちょっと仕事をしたい」という方にもおススメ。
    コンセントももちろん全席完備。寝ている間にスマートフォンなどもたっぷり充電しておきましょう。

    横浜駅を出発するのは20:20。寝るまでに読書をしたいという方は「さくら色LED」をご利用ください。木目調の座席にマッチしてとてもくつろげます。
    従来のバス備え付けの読書灯もありますが、このバスを利用する方はほとんどがさくら色のほうだけ使うのだとか。

    化粧室はいちばん後ろ。トイレと洗面所が分離していて、どちらも広めなのがGOOD。白で統一された室内は清潔感が出ています。洗面所のほうも扉を閉めることができるので、お着替えなども他人の目を気にせずにできます。

  • 発売は1カ月前から。金曜、祝前日はお早めに予約を!

    ドリームスリーパー号は横浜~福山~広島を毎日1往復2便運行中です。
    1ヶ月前から予約可能。エグゼクティブシートはインターネット予約の発車オーライネットからもできますが、ゼログラビティシートは中国バス高速予約センターに直接電話で予約します。
    乗車券の受け取りはローソンまたはファミリーマートでもできますので、広島在住ではなくても大丈夫。

    ©ゼンリン

    横浜~広島は高速バスで約12時間。でも「ぐっすり」眠れて、降りたら広島の中心地が目の前というのは、飛行機にも新幹線にも負けない利便性があります。
    ドリームスリーパーでいっぱい眠って、広島を朝から元気に満喫してみませんか?

    時刻/運賃等の詳細はDREAM SLEEPERのホームページへ

    ゼログラビティシートの予約は「中国バス高速予約センター」へお電話で。
    Tel:084-954-9700[9:00~18:00 年中無休]

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする