【徳島】格安料金で大人も遊び放題!一日過ごせる「あすたむらんど」

徳島市の中心部から車で約30分のところに子どもから大人まで楽しめる施設「あすたむらんど」があるらしいということで潜入してきました。予想をはるかに超える広い敷地で充実した内容でしたのでご紹介していきます♪

  • 広大な土地で充実した施設内容なのに格安のお値段。

    あすたむらんどは、まず駐車場がとっても広いです。そして無料なのです。これはありがたいですよね〜。

    • この写真の倍以上はあります。
      この写真の倍以上はあります。

    車を置いて、さっそく歩いてみましょう。駐車場から入口ゲートまで最初に大きな橋を渡ります。そこで初めてお目見えした、あすたむらんどのマスコットキャラクターのあすたむくん。

    • 絶妙な面長感が可愛いゆるキャラ。
      絶妙な面長感が可愛いゆるキャラ。

    橋を渡りきってゲートに到着。入口からとても大きな施設だということがうかがえてきました。

    • テーマパーク感にわくわくします。
      テーマパーク感にわくわくします。

    そして入口にて館内地図をチェック。無料施設がほとんどですが、有料のものもいくつかあります。この地図を見ても大きさが分かりますが実際に足を運んでみると、もっと広大さを実感してもらえます。

    • 入口でどこに何があるかをチェックしておきましょう。
      入口でどこに何があるかをチェックしておきましょう。

    そして窓口にて入場券を購入しようとすると…なんと入場料無料!館内施設ほとんど無料で遊び放題です。

    • この円形花壇の横が受付窓口です。
      この円形花壇の横が受付窓口です。
  • 実際にどんな施設があるのでしょう?色々と周ってみました。

    入口ゲートからウェルカムゾーンというエリアがあり、まずは一番近いところからお邪魔しました。こちらの建物は「四季彩館」と言って、板野町、上板町、土成町の3町の昭和30~40年代の民家を再現したミュージアムと、約12分間の幻想的空間を味わえるカレイドシアター施設です。

    • 建物の形は近代的。
      建物の形は近代的。

    天井や壁面に四季の移り変わりや宇宙の神秘、幾何学映像など万華鏡の原理を利用した映像が映し出される美しい癒し空間です。

    • 一般/300円 小・中学生/100円 小学生以下無料
      一般/300円 小・中学生/100円 小学生以下無料

    続いて向かった先は「吉野川めぐり」。徳島の自然風景などをイメージした空間の中を小舟に乗って楽しむウォータースライダー。途中、渓流下り、鳴門の渦潮をイメージした渦巻きがあったり、大人だけで乗っても楽しめそうなアトラクションです。

    • ランド感満載な入口が可愛い。
      ランド感満載な入口が可愛い。

    急流下りが2ヶ所楽しめる下りコースとゆったりと徳島めぐりを体験できる上りコースがあるウォータースライダー。

    • 天気が良い日は尚更気持ちいい。
      天気が良い日は尚更気持ちいい。

    吉野川めぐりから、ゆるい坂道を少し上がると「wild mountain」に到着。こちらは全体が山のような形をした施設。なんだかジュラシックパーク風で可愛いです。

    • 冒険ゾーンっぽさが出てますよね〜
      冒険ゾーンっぽさが出てますよね〜

    そして、このメイン看板の下を覗くと、カラーボールたちが浮いてて割れていたりするんだけど、なんだかアートでフォトジェニック。ここの写真は筆者もインスグラムで見たことがありました。

    • カラーボールの配色がすき。
      カラーボールの配色がすき。

    そして、ここにはコンクリートの壁に自分の体をはめ込んで写真を撮るのが最近ではちょっとしたブームなようです。たしかに何人かで遊びにきて、ここに体をはめ込んで写真撮るのも楽しそう。

    • 人を入れて写真とってみたかった。
      人を入れて写真とってみたかった。
  • 大人になって体験工房で遊んじゃうのも楽しい!

    wild mountainの向かいあたりに体験工房があり、開催時間は決まっていますが毎回館内放送で事前にお知らせしてくれるので忘れることなく安心。

    • 小学校の教室のような作りにわくわく♪
      小学校の教室のような作りにわくわく♪

    卓上に過去の作品やサンプルが乱雑に置いてあり、それがまた教室感が出ていて良かったです。子どもの頃の気分に戻って真剣に何を作ろうか迷ってしまいます。季節ものや期間限定の作品もあるようです。

    • どれにしようかな〜
      どれにしようかな〜
    •  
       

    一年中作ることができるものは、キーホルダーとダンボールクラフトだそうです。どちらも自分の好きなように色付けできて、絵も自由にかけるので楽しいですよ。意外と真剣になって色々と考えてしまいます。

    • ノスタルジックなアイテムが目を引きます 
      ノスタルジックなアイテムが目を引きます 
    •  
       
  • ちょっとしたハイキング。お散歩も気持ち良い〜!

    体験工房から、さらに上に上に坂道を歩いていくと入口ゲートからずっと見えていた風車まで行けるんです。思ったよりも大きく少し歩きますが、その価値はありです。

    • 風車小屋がヨーロッパのようで素敵。
      風車小屋がヨーロッパのようで素敵。

    ここで一度休憩することをおすすめします。なぜなら、この高台で感じる風の気持ち良さを見下ろせる風景を体感してもらいたいのです。写真では入りきらないパノラマが広がっています。

    • 一望できますよ!
      一望できますよ!

    ここでは春から初夏にかけて風車のふもと一面にネモフィラが見られるそうで、それが本当に美しいと話題なんです。

    • 春にも訪れたい!
      春にも訪れたい!
  • 最後は大人も楽しい科学館へ。

    風車の景色で癒されたあとは、こども科学館ゾーンへ行ってみることに。ここでは、「宇宙と地球」、「生命と環境」、「科学技術と人間」の
    3つのテーマに分かれた常設展示場があります。

    • 懐かしのイライラ棒。夢中になります!
      懐かしのイライラ棒。夢中になります!

    科学の力で不思議な現象が起こったり、体験できるので大人も夢中になって色々と実験をしてみたくなります。それぞれのテーマにそった内容も勉強にもなって面白かったですよ。

    • こんなにポップで可愛いものまであります♪
      こんなにポップで可愛いものまであります♪

    そして常設展示場のとなりにはプラネタリウム。なんと世界一の明るさを誇る投影機が設備されており、直径20mのドームに3万8千個の星を映し出します。その日の夜に見ることのできる星や星座の生解説や、四季折々の星座の物語を紹介してくれます。

    • うっとりしますよ。
      うっとりしますよ。

    あすたむらんどって子ども向け?と思っていましたが、全くそんなことはなかったです。もちろん子どもが大はしゃぎなのは間違いないのですが、大人でも夢中になってしまう遊び場でした。とにかく広大な施設なので日帰りの旅先としてもおすすめします♪

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

新着記事

cntlog