NAVITIME Travel

【美術館】優雅な庭園と大正ロマンを感じる「本間美術館」(酒田)

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

12. September. 2019

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

江戸時代の豪商・本間家が、戦後間もない昭和22年に別荘と庭園を開放して作った「本間美術館」。本間家が寄贈した日本・東洋古美術を中心に、古美術から現代美術まで3,000点を収蔵しています。そのほかにも、池とその周囲をぐるりと散策しながら鑑賞する“池泉回遊式庭園”のひとつでもある「鶴舞園」は、季節によって美しく表情を変える姿がすばらしく、本間家の迎賓館として利用されていた「清遠閣」では大正ロマンの魅力を存分に堪能できます。美術品以外にも見どころの多いスポットです。

本間美術館

この記事を含むまとめ記事はこちら

山形県の写真集

  • 全国

    |

    エリアから探す

    • 目的から探す

      新着記事

        もっと見る

        新着の観光コース