見所がたくさん分かる地図

さてセンザキッチン内も満喫したので、観光汽船乗り場へ向かいます。こちらの青海島観光汽船には、一周できるコースから、観音洞、大島、花津浦・紫津浦、みすゞコース詩跡めぐり、赤瀬コースと6種類の周遊コースがあります。コースはその日の天候、潮の流れ等により変わるそうです。

  • 建物の奥へ進んで受付にてチケットを購入。青海島を一周して色々と見たかったのですが、この日は花津浦・紫津浦コースでした。
    時刻は時期によって異なり、料金もコースによって違うので詳しくはホームページをご覧ください。
    https://www.omijimakankoukisen.jp/

    ピンクのクジラ船が待ってくれています♡さっそく乗り込んでみました。一番前に乗っていざ出発!ここで注意なのが、一番前は一番揺れるということ。乗り物酔いをし易い方は一番後ろの席に座ることをおすすめします。

    乗り心地も良かったピンクシータス

    乗り心地も良かったピンクシータス

    この日は海が荒れてたわけではなかったけど、それでも水しぶきは予想以上にすごかったです。まずは最初の目的地、花津浦を目指して進みます。

    ザブザブ進んでいきます

    ザブザブ進んでいきます

    目的の花津浦の前へ到着。この花津浦とは、牛の鼻の先という意味と、愛しい我が子を抱いて朝鮮を眺めた須佐之男命が、離れづらいと言われたためともいわれています。山口を代表する童謡詩人の金子みすゞもこの話をうたっています。左端には、岩が観音様の形をしているように見えることから花津浦観音と名付けられた岩肌も見ることができます。

    左の手を合わせた観音様見えます?

    左の手を合わせた観音様見えます?

    次に見えたのが、弁天島。ここは一瞬で通りすぎたので正面からの写真が取れなかったのですが、左の方によく見ると鳥居が見えます。この弁天島には厳島神社が祀られています。海路安全、漁業振興をはかる海の神様が祀られている大切な島だそう。

    小さな無人島にあるというのが神秘的な神社

    小さな無人島にあるというのが神秘的な神社

    この日のコースは短く、停まって見れるスポットも少なかったのですが、それでもこの綺麗な海を眺め船に揺られているだけでも大満足できる周遊観光汽船の旅でした。

    きらきらした海にうっとり♡

    きらきらした海にうっとり♡

    50分の周遊旅から乗り場へ戻ってくると、となりにはかわいいイルカ船がずらり。次はカラフルなこちらにも乗ってみたいです♪
    今回、長門市の有名な絶景スポットをいろいろと巡りましたが、いかがでしたか?実際に足を運んでみたいと思える場所は見つかりましたか?長門市は本当に自然豊かでパワースポットがたくさんなので、ぜひ色んな場所を巡ってみてください♡

    青海島
    place
    山口県長門市仙崎・通
    phone
    0837-22-8404

この記事を含むまとめ記事はこちら