NAVITIME Travel

【高梁・名所】天空の山城といわれている「備中松山城」

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

22. June. 2019

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

鎌倉時代、秋庭重信が大松山に城を築いたのち、1683年、水谷勝宗によって手が加えられ、難攻不落といわれた今の姿となりました。
松山城は現存する城の中で、最も標高の高いところに位置しています。そのため、春から秋までの間、松山城展望台にのぼると雲海の中に浮かぶ松山城を撮影することができます。雲海の発生には条件があって、最低気温が低く晴れの予報の出ている日だと確率が高いとのこと。

ただし、12月から2月までは雪にご注意です。大人300円、小中学生150円で入城できます。近頃話題なのが、昨年の豪雨の後に現れた猫城主の「さんじゅーろー」。10時頃と14時頃に見回りをしているので、運が良ければ会えるかもしれませんね♪

備中松山城

この記事を含むまとめ記事はこちら

岡山県の写真集

  • 全国

    |

    エリアから探す

    • 目的から探す

      新着記事

        もっと見る

        新着の観光コース