長崎が誇る「珈琲冨士男」は、この地で愛され続けて72年にもなる純喫茶。遠藤周作著の「砂の城」の一節にとりあげられたこともあり、長崎の歴史の一部ともいえる老舗のお店です。
もともと木造2階建だった店舗は50年ほど前に現在のビルに建て替えられているものの、創業当時のレトロでクラシカルな雰囲気をまとったまま今日に至ります。もともとは地元の人々が美味しいコーヒーを飲むために一日に度々訪れるような、地域に根付いた喫茶店だったそう。

  • しかし最近では若い来訪客も増え、観光客の間でも話題となっているようです。人気の秘密は雑誌やテレビでも紹介される、絶品の軽食メニュー。特にふっわふわの厚焼きたまごをはさんだたまごサンドは、からしがほんのり効いて美味!目にも鮮やかな美しい断面のサンドイッチは、女性客を喜ばせているようです。

    美味しさの秘訣は「真心を込めて、当たり前にきちんと作ること」。店主がそう話される通り、付け合わせのサラダひとつとっても、シャキシャキと新鮮で、きちんとていねいに仕込みが行われていることが分かります。

    サンドイッチセット(コーヒー・サンドイッチ各種)860円(税込)

    サンドイッチセット(コーヒー・サンドイッチ各種)860円(税込)

    古き良き雰囲気を残しながらも、時代に合わせて進化をする「珈琲富士男」。きっとこれからも多くの人々に愛される名店であり続けることでしょう。歴史的名喫茶でゆったり過ごし、このまちに流れてきた歴史の時間をじかに感じてみてください。

    期待高まるレトロで雰囲気ある外観

    期待高まるレトロで雰囲気ある外観

    珈琲 冨士男
    rating

    4.5

    32件の口コミ
    place
    長崎県長崎市鍛冶屋町2-12
    phone
    0958221625
    opening-hour
    月-水・金-日 ランチ・ディナ…

この記事を含むまとめ記事はこちら