長崎らしいステンドグラスやレトロな照明が印象的な店内

一度食べたら必ずまた食べたくなるという長崎市「夕月」のカレー。数十年前にデートで訪れていたカップルが、その後結婚して子供、孫を連れて訪れるようになるなど、常連のほとんどが長いファン歴を誇ります。

  • 創業は昭和8年。なんと85年も前にカレー専門の店としてオープンし、長崎県民なら必ず一度は食べたことがあると言われるほど、長崎ソウルフードの代表的なお店として愛され続けてきました。「カレーがソウルフード?」と思われそうですが、夕月のカレーは一般的なそれとはひと味もふた味も違います。
    まず驚くのがその見た目で、夕焼けの空に映えるオレンジの月を思わせるルゥの色が特徴的!そして辛味はなく、まろやかな懐かしい味ながら、ほんのり酸味を感じる新鮮な味わいが多くのリピーターを生んできました。シェフである社長のみが知る秘伝のレシピは、数十種類ものスパイスを調合して作られているのだそう。

    カツカレー780円(税込)

    カツカレー780円(税込)

    2年前に移転したアーケード内にある喫茶店風の現店舗には、今日も馴染みの夕焼け色のカレーを求め、老若男女問わず多くのリピーターが訪れています。長崎に訪れたらこの独特の“やさしいカレー”を食し、地元民気分で街ぶらを楽しんではいかがでしょう。

    アーケード内の現店舗へは2016年に移転

    アーケード内の現店舗へは2016年に移転

この記事を含むまとめ記事はこちら