朱いのれんに朱い月のマットが目印。

すすきのの中心部にある「すすきの市場」、その地階が「すすきのゼロ番地」。昭和レトロを感じさせる飲食街です。その中に看板もなく、ひっそりと営業する「そばびより 朱月菴」。店内はひとり酒に最適なカウンターが8席。深夜1時半まで営業しています。

  • カウンターのみの店内。

    カウンターのみの店内。

    蕎麦屋ならではの「焼き海苔」は、特製の器で焙られたパリッとした食感の海苔に、添えられるのは直火で軽く炙られた梅干し。炙られることで甘味の増した梅干しに海苔の香りがマッチした、絶好の酒肴です。
    そのほかの蕎麦前のつまみは、「板わさ」や「そば味噌」、「だし巻きたまご」の定番ものに、店オリジナルの牛スジ煮込み「スジコン」などが人気。

    蕎麦前の「焼き海苔」。

    蕎麦前の「焼き海苔」。

    日本酒は、ご主人の出身地秋田の「田从(たびと)」に「東北泉」、「酔右衛門」など。焼酎のそば湯割りも粋な飲み方です。

    蕎麦は北海道産のそば粉を使った、香りとのど越しのよい手打ちそば。「せいろ」をササっと手繰って、本日の仕上げです。なお、店のメニューには価格表示がありませんが、ほとんどが300円~1,000円で、蕎麦前を楽しんで蕎麦で仕上げて3,000円が予算の目安です。

    薫り高い「せいろ」。

    薫り高い「せいろ」。

    札幌の出張の夜、「こんな店の常連ならすてきだな」と思わせてくれる隠れ家です。

    そばびより 朱月菴
    place
    北海道札幌市中央区南6条西4丁目 すすきのゼロ番地B1F
    phone
    0115628081
    no image

この記事を含むまとめ記事はこちら