瀬戸内食材使用の絶品フレンチ!

重要文化財の米蔵を改装!歴史的な雰囲気の中で本格フレンチが味わえる「八間蔵」


2019.06.24

NAVITIME TRAVEL EDITOR

瀬戸内食材使用の絶品フレンチ!

「八間蔵」は、倉敷美観地区からすぐ近くの倉敷ロイヤルアートホテル内にあるフレンチレストランです。建物は、なんと1796年(寛政8年)に建てられた、重要文化財「大橋家住宅」の米蔵を改装したもの!米蔵としての趣を残しつつも、開放的かつ上質な空間になっています。

「八間蔵」で提供されるのは、瀬戸内産の食材を使用した四季折々のフランス料理。時期によっては、蔵と名画のコラボランチなど、一風変わったメニューも楽しめます。また、キッズプレートも用意されているため、お子様連れでも安心して利用できるのもいいですね。倉敷ならではの歴史の息吹を感じながら、本格フレンチに舌鼓を打ちましょう。

この記事を含むまとめ記事はこちら