NAVITIME Travel

【寺社仏閣】松島観光での王道!「瑞巌寺(ずいがんじ)」(松島)

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

31. July. 2019

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

景勝地として栄える松島ですが、一方で、霊場としての顔も併せ持っています。JR松島海岸駅から徒歩7分。松島湾の程近くにある「瑞巌寺」は、そんな松島の代表。約1,200年もの歴史がある由緒正しいお寺で、本堂・庫裡は国宝にも指定されています。伊達政宗の手によって再興され、平成の大修理を経て、2016年より拝観が再開されました。
本堂では「上段の間」「室中孔雀の間」など豪華絢爛な襖絵や彫刻を見ることができます。特に上段の間は仙台城・大広間にも設けられていたとされ、当時の様子を現在に色濃く伝えています。ここに立ち寄ったのなら、ぜひとも引いてほしいのが、だるまにおみくじの入った「だるまみくじ」。厳しい表情とコンパクトなサイズ感が妙に可愛らしいおみくじです。

瑞巌寺のすぐ隣にあるのが縁結びで有名な「円通院」。ここで購入できる「縁結びこけし」の胴体に願いを書いて奉納すると願いが叶うとされています。本堂で数珠作りも体験できます。また、瑞巌寺の境外仏堂として松島湾に突き出す形で設けられている「五大堂」もおすすめスポット。33年に一度開帳される厨子内には慈覚大師の手彫りとされる「五大明王像」が納められています。お堂の屋根の下には十二支の彫り物も。

【関連記事】国宝・絶景・グルメを満喫!宮城松島をめぐる1DAYトリップコース
【関連記事】グルメも歴史も楽しみたい!松島の魅力にふれる、よくばり観光プラン

本堂の中は撮影禁止なので、写真は外観のみにしましょう。

この記事を含むまとめ記事はこちら

新着記事

    もっと見る

    新着の観光コース

      宮城県の写真集

    • 全国

      |

      エリアから探す

      • 目的から探す