NAVITIME Travel

【自然】春の桜と秋の紅葉、四季折々に美しい長瀞

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

28. July. 2019

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

長瀞は「日本のさくら名所百選」に選ばれるほどの桜の名所。春になると、長瀞周辺には約3,000本の桜が咲き誇ります。3月下旬に咲き始める樹齢約200年のエドヒガンザクラから、2.5㎞も続く「北桜通り」の桜並木、寶登山神社参道の桜、4月下旬に咲く通り抜けの桜まで、種類豊富な桜を1ヶ月も楽しめます。新緑の美しい夏を過ぎ、10月下旬ごろになると「月の石もみじ公園」や岩畳などの荒川沿い、寶登山神社境内などで色とりどりの紅葉に出会えますよ。毎年3月下旬から4月には「長瀞桜まつり」、11月には「長瀞紅葉まつり」を開催。さまざまなイベントの他、夜になると幻想的なライトアップが行われます。

もみじの見ごろ11月になると華やかにライトアップされます。

この記事を含むまとめ記事はこちら

埼玉県の写真集

  • 全国

    |

    エリアから探す

    • 目的から探す

      新着記事

        もっと見る

        新着の観光コース