NAVITIME Travel

「あめの俵屋」であめ詰め体験

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

23. April. 2019

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

「あめの俵屋」は江戸時代後期の天保元年(1830年)に創業した金沢最古のあめ屋です。小橋町にある本店は金沢駅から徒歩20分、周遊バスなら5分の場所にあります。
創業当時の姿を残す店の建物は金沢市指定の保存建造物です。
看板商品のじろあめは、壺に詰められたとろみのある飴で、厳選した国内産の米と大麦に、白山から流れる水を使い、砂糖を使わずに穀物の自然な甘さを引き出しています。そのまま棒にからめて舐めることもできますし、砂糖代わりに料理に使うことも可能です。
また、「あめ詰め体験」では、竹の箸を使ってじろあめを桶から壺に移す体験ができます。
自分で詰めた飴を持ち帰って家で食べるのが楽しみですね。

じろあめ

この記事を含むまとめ記事はこちら

石川県の写真集

  • 全国

    |

    エリアから探す

    • 目的から探す

      新着記事

        もっと見る

        新着の観光コース