NAVITIME Travel

【異人館】北野のシンボルマーク「風見鶏の館」

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

7. February. 2019

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

「風見鶏の館」は、かつてドイツ人貿易省ゴットフリート・トーマス氏が自邸として建てた建物。色鮮やかなレンガの色と塔の上の風見鶏が特徴で、神戸の異人館の中でもとても珍しい作りなんだとか。
明治42年(1909年)頃建てられ、1世紀以上愛され続けてきたこの館は、この街の歴史的なシンボルとなっています。

【料金】※すべて税込
大人500円/高校生以下無料
・2館券(風見鶏の館・萌黄の館)650円
・シティーループ一日乗車券持参の方450円

風見鶏の館

この記事を含むまとめ記事はこちら

兵庫県の写真集

  • 全国

    |

    エリアから探す

    • 目的から探す

      新着記事

        もっと見る

        新着の観光コース