日比谷公園 紅葉 日比谷公園 紅葉

【東京】日比谷公園(11月下旬~12月上旬)


2019.09.21

NAVITIME TRAVEL EDITOR

日比谷公園 紅葉

明治34年、日比谷公園の設計者である本多静六博士が、日比谷交差点にあった大木のイチョウを、自分の首を賭けて日比谷公園内に移植させたことに由来するイチョウの巨樹「首かけイチョウ」。今も日比谷公園内のレストラン「松本楼」のテラスの前にそびえ立っています。樹齢はなんと400年以上、木からのパワーがすごいと都内屈指のパワースポットです。
S字形の園路のイチョウ並木や、黄葉の日比谷通りも素晴らしいと評判。日比谷駅を出てすぐ目の前に、四季の変化が美しい公園が広がっています。

この記事を含むまとめ記事はこちら