「旧安田庭園」

両国エリアで見逃せないのが、「旧安田庭園」です。隅田川から程近くにあるこちらの庭園は、江戸時代が華やいでいた元禄年間に、笠間藩(茨城)の大名の命で造られたといわれています。

その後、安田財閥の祖である安田善次郎が受け継ぎました。氏の没後、東京市に寄贈されたのち、墨田区に移管されましたが、名前はなじみのあった「安田」が残されています。かつて、隅田川の水を引いて造られた汐入回遊式庭園だったこの庭園は、水辺を感じることができる日本庭園として散策の途中に一休みする場所にうってつけです。

この記事を含むまとめ記事はこちら