建築当時の流行色を参考に塗装された外壁

JR両国駅西口を出ると右手すぐに、商業施設「-両国- 江戸NOREN」が。この建物は昭和4年に建てられた両国駅旧駅舎を改築したもの。レトロなアーチ型にデザインされた3つの大きな窓や、中央に配した駅時計等、当時のレトロな面影を残しつつ新たな装いへと生まれ変わりました。

「-両国- 江戸NOREN」について、もっと詳しく紹介している記事はこちら→江戸のごちそう大集合!両国の歴史とグルメがつまった「-両国- 江戸NOREN」を大解剖

  • 館内へ入ると、大迫力の吹き抜け空間が!江戸の町屋を意識した内装はまるで江戸時代のセットの中に入ってしまったかのよう。

    館内には明治4年創業の老舗「月島もんじゃ もへじ」や、江戸前の本格寿司が味わえる「政五ずし」など江戸の食文化を伝える12の飲食店が軒を連ねます。
    江戸情緒溢れる雰囲気の中で、おいしいグルメを堪能してください。

    -両国- 江戸NOREN
    place
    東京都墨田区横網1-3-20
    opening-hour
    10:00-23:30
    no image

この記事を含むまとめ記事はこちら