修学旅行で訪れたという人も多いかもしれません。春夏秋冬いつみても美しく輝く「金閣寺」ですが、黄金と朱色の共演が楽しめるのは秋のほんの一時だけ。
周囲の木々が見事に紅く染まると、舎利殿にも薄くその色が映りこんでいるように見えます。背景に青く抜けるような空と、穏やかな水面がその姿を映し幻想的な世界を作り出します。
夕暮れ時、西日に照らされると一層輝きが増す金閣寺はまさに極楽浄土そのものの美しさ。余すところなく堪能しましょう。

※ここがポイント!
京都を代表する寺院はやはり混雑します。こちらも朝一番か夕方に訪れるのがベター。

この記事を含むまとめ記事はこちら