近代的な美術館と温泉入浴施設(明石の湯)が併設 近代的な美術館と温泉入浴施設(明石の湯)が併設

芸術祭の里の玄関口「越後妻有交流館キナーレ」


2017.11.22

NAVITIME TRAVEL EDITOR

近代的な美術館と温泉入浴施設(明石の湯)が併設

十日町駅から車で5分。国道117号線から県道長岡千手線を左折してすぐの所にある越後妻有交流館キナーレは、「大地の芸術祭」のメインステージともいえる施設で、里山現代美術館と「明石の湯」という温泉入浴施設が併設するユニークな施設です。

「キナーレ」という名称は「来なされ」「着なされ」という、この地方の言葉から付けられたもの。「この場所に来てください」、そして十日町地方の特産品である着物を「着てください」という意味が込められています。

  • 建物の設計監理は日本を代表する建築家の一人で、京都駅や札幌ドームの設計を手がけた原広司氏によるもの。正方形型で、真ん中が屋根のない池になっている2階建ての回廊です。

    里山現代美術館のエリアは有料となるので、受付で入館料800円を支払って入ります。

    美術館内観

    美術館内観

    水をお皿の上に垂らすと…

    水をお皿の上に垂らすと…

    美術館に入ってすぐの広いスペースには、その時どきの企画展が展示されています。このときは「水」をテーマにした展示やイベントが開催されていました。キラキラの水が撥水素材のお皿の上をコロコロと転がってきれい♪

    企画展は限られた期間ごとに内容が変わります。

    身近なものをアートとして展示

    身近なものをアートとして展示

    ふと頭上を見上げると、高い天井から人工衛星らしきものがいくつも吊り下げられていました。色合いがポップでかわいい! よく見ると、ザルや扇風機など、見覚えのある身近な物がたくさん利用されているのがわかります。

    この「ゴースト・サテライト」という作品はスイスのゲルダ・シュタイナー&ヨルク・レンツリンガーというアーティストの作品で、十日町市内で集めた廃材、生活用品、農具を利用して作られているのだそう。

    恋人同士みたいな椅子

    恋人同士みたいな椅子

    通路にさりげなく置かれていた椅子。左右の脚の長さが違っていてまるで仲良く寄り添っているようで、ステキです♡


    ほかにもダイナミックなアート、体験型のアートなどたくさんありました。一つひとつの作品を丁寧に見ていくと、あっという間に時間が経ってしまいます。2時間くらいかけてじっくり見られるといいですね♪

    越後妻有里山現代美術館[キナーレ]
    place
    新潟県十日町市本町6-71-2
    phone
    0257617767
    opening-hour
    10:00-17:00(大地の芸術祭期間…
    info
    【料金】常設展一般800円、小中学生400円(※企画展により異なる)
    【休館日】水曜休館(祝日の場合は翌日休館)
    【URL】http://smcak.jp/
    すべて表示arrow
    天井から下がっているモビールは川面を表現

    天井から下がっているモビールは川面を表現

    館内にはカフェ「越後しなのがわバル」があります。緩くカーブした壁は書棚になっていて、天井からは川面を表現した無数のモビールが。そして、店内のテーブルをつなぎ合わせると信濃川の形になるんだとか。遊び心が各所に散りばめられたオシャレカフェです。

    野菜と精進ものを中心とした身体にやさしい料理を味わうことができますよ。

    【施設名】越後しなのがわバル
    【営業時間】10:00~17:00(L.O.16:30、モーニング10:00~11:00、11:00~カフェ&食事)
    【定休日】水曜
    【電話番号】025-761-7371
    【住所】新潟県十日町市本町6 越後妻有里山現代美術館[キナーレ]内

この記事を含むまとめ記事はこちら