踊り子号 踊り子号

◆東京から熱海まではどうやって行く?手段とそれぞれの利点は?


2019.05.13

NAVITIME TRAVEL EDITOR

踊り子号

1)新幹線
東京から熱海へ最も早くアクセスできる新幹線。
東京駅から熱海まで、ひかりで約40分、こだまで約50分、片道料金は自由席で3,670円、指定席で4,190円です。ただし、ひかりは熱海駅に停車しない便が多いので注意が必要です。
また、2人以上で旅行する場合で1泊2日の旅行であれば、1人あたり往復を5,450円で利用できる「新幹線お出かけきっぷ」がおすすめです。

2)踊り子号
「踊り子号」は東京から伊豆へと向かう特急列車で、東京駅から約80分、新宿駅からは約90分で熱海駅に到着します。片道料金は自由席で3,280円(乗車料金1,940円、自由席料金1,340円)と手頃な値段で利用できます。
踊り子号のほかにも全席指定席の「スーパービュー踊り子号」と「マリンエキスプレス踊り子」が運行しており、「スーパービュー踊り子号」は、パノラマ車窓や展望席からの眺望が楽しめます。グリーン個室やこどもを自由に遊ばせることができる「こども室」もあり、グループや子連れ旅行に最適。主に繁忙期に運転される「マリンエキスプレス踊り子」は、本革張りシートなどワンランク上の快適な空間となっています。

3)快速アクティー
格安で熱海に行くなら、東海道本線がおすすめです。「快速アクティー」なら東京駅から約100分と踊り子号や新幹線よりも時間がかかりますが、片道1,944円で利用できます。

この記事を含むまとめ記事はこちら