ポプラ並木が美しい「北海道大学総合博物館」。

北海道大学は国立大学ということもあり、誰でも入れるようになっています。校内には食堂やポプラ並木、クラーク像などお楽しみスポットがあります。その中でも「北海道大学総合博物館」は年間20万人が訪れる人気スポットです。この博物館は無料で入場でき、約1万点にも及ぶ学術資料を閲覧することができます。また、札幌農学校として開校してからの収穫や保存などされてきた300万点以上の標本や資料も展示されているので、見どころがたくさん。標本を見るだけでなく、実際に手にとって感じる展示室が用意されているので、肌で感じることができるのも魅力です。疲れたらミュージアムカフェで一休みしましょう。

この記事を含むまとめ記事はこちら