旅行・出張前にチェック!新幹線や飛行機など交通機関のコロナ対策

新しい生活様式と共に、経済活動も本格化する中、レジャーやビジネスでの遠距離移動のシチュエーションも増えて来たのではないかと思います。

交通機関も様々な対応を実施し新型コロナウィルスの予防に努めています。
また、同じく利用側にも求められる対応や、必要な持物など今まで意識していなかった事がありますので、旅行や出張前には、この記事を一読していただくと良いと思います。

  • 01

    新幹線

    東海道新幹線は、5月末日に新型コロナ感染症に関する取り組みを発表しています。駅構内や券売機等、多くの人が触る部分の消毒作業はもちろん、新幹線の車掌さんが車内の巡回と一緒にトイレのドアノブ消毒などを実施してくれています。

    新幹線は、標準で装備している空調・換気装置が車内の空気と外気を常に入れ替えていて、約6~8分で全ての空気が入れ替わるようになっています。

    利用する我々は、新幹線の中での会話を最小限にする、椅子を回転させない等、感染拡大の防止に協力しましょう。

    もっと読む
    東海道新幹線の新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
    交通
  • 02

    飛行機 - 国内線

    飛行機にも標準で高性能空気フィルター(HEPA)というものが装備されており、概ね2~4分で機内の空気と外気が入れ替わります。

    このフィルターは、0.3μmのサイズの粒子に関して99.97%以上の粒子を捕集する感染病棟の換気システムにも使用されている高性能なフィルターです。
    IATA(国際航空運送協会)は、過去2020年1月~3月までの主要航空会社への非公式調査の結果、「航空機内での感染リスクが低い」と発表しています。

    JAL・ANAの2社を含め、多くのエアラインからも搭乗の際のマスクの着用のお願いが発表されていますので、忘れないよう持参してください。

    もっと読む
    飛行機の3密回避―国内線の新型コロナ対策を紹介
    交通

    また、もうひとつ、密な環境になるのではないかと心配される空港も対策を実施しています。モバイルチェックインを利用する、機内預けはしない、持ち込み荷物は1つまでにしてスムーズな移動で搭乗時、着陸時の混雑や接触を避けるなど我々にできる対応もあります。

    羽田空港では、新しい生活様式を取り入れた対応が、ロボティクスを使って行われています。

    もっと読む
    羽田空港3種類のロボットを活用し、新しい生活様式へ対応
    交通
  • 03

    高速バス - WILLER EXPRESS

    高速バス各社もコロナ対策を実施し、徐々に運行を始めています。乗車前の検温や、販売座席数の最小化、なるべく密を回避するようなプライベート空間を作る仕組みなど各社、様々な対応を実施しています。

    乗務員さんとのフィジカルディスタンスを避けるよう、荷物を利用者自身で詰め込む協力などもお願いされるケースもありますので、気持ちよく対応したいですね。

    もっと読む
    高速バスWILLER EXPRESS withコロナ対策 6月1日から運行再開
    交通
  • 04

    タクシー

    窓開け協力や、トランクサービスについての利用最小化など、今まで考えていなかったような新常識が、東京ハイヤー・タクシー協会から発表されています。

    キャッシュレスで支払いをすることも、運転手さんとのフィジカルディスタンスを避けるには大切なことです。狭い車内でお互いに協力できることをするのはコロナ感染予防にとても重要だと感じますね。ぜひ、新常識について一読してみてください。

    もっと読む
    東京ハイヤー・タクシー協会が発表 「新しい生活様式に合わせたタクシーの利用方法」
    交通

    ニューノーマルを意識して、快適な旅をお過ごしください。

    東京
    place
    東京都千代田区丸の内1丁目
    no image

この記事を含むまとめ記事はこちら