【新大久保】韓国人が厳選!コリアングルメ専門スーパー「韓国広場」の品揃えがすごい


2020.12.08

NAVITIME TRAVEL EDITOR

東京のコリアンタウン「新大久保」は、韓国好きが集まる大人気の街です。大久保通りにはたくさんの韓国料理店が並び、夜になると行列ができていることもしばしば。テイクアウトのトッポギやチーズハットグを食べている人もよく見かけますよね。コロナ禍により家で料理を楽しむ人が増える中、本格的な韓国料理を作ってみたい!という方も多いのではないでしょうか。大久保通りに面する「ソウル市場」は韓国の食材がそろうスーパーとして有名ですが、実は新大久保にはもう1つ韓国食材専門のスーパーがあります。今回は職安通り沿いの「韓国広場」で、韓国人エディターがおすすめする食材をご紹介します。

  • 01

    意外と穴場!「韓国広場」の場所や特徴

    「韓国広場」は、新宿歌舞伎町、職安通り沿いにある韓国専門スーパーです。最寄りは「東新宿駅」で、「新大久保駅」や「西武新宿駅」からも徒歩圏内。店内へ足を踏み入れると、韓国産の野菜や調味料など日本の一般的なスーパーでは見かけない商品ばかりが並び、韓国旅行に来たような気分になります。
    「ここで食材を買うと、本格的な韓国料理を作ることができる!」と、日本に住む韓国人が通う穴場スーパーです。

    「韓国広場」外観

    「韓国広場」外観

    店の前には激安の野菜が売られています。

    店の前には激安の野菜が売られています。

  • 02

    絶対買うべき!韓国人エディターおすすめランキングBEST3

    韓国人エディターと一緒に店内を取材し、おすすめの食材をピックアップしてもらいました。韓国人目線で日本人におすすめしたい食材をご紹介します。

    【おすすめ1位】温めるだけで簡単!「bibigo」の即席スープ 
    韓国料理にはスンドゥブ・サムゲタン・タッカンマリなどスープ類が多いです。煮込む手間がなく、温めるだけで食べることができる即席スープは韓国人もよく買う商品だとか。中でも「bibigo」は定番のメーカーで、“これを買えば間違いない”というような美味しさです。

    「bibigo」即席スープ

    「bibigo」即席スープ

    即席スープを置いている棚

    即席スープを置いている棚

    「韓国広場」はスープの取り扱いが豊富。他にもいくつかご紹介します。

    ●ソンジヘジャンク
    韓国では酔い覚ましに用いられるデトックススープ。牛の血を固めたものが入っています。

    ●チュオタン
    「どじょう」を骨ごとすり潰し、葉野菜などと一緒に煮込んだピリ辛スープ。とても栄養価が高いです。

    ●カムジャタン
    大きな豚の背中肉とジャガイモを煮込んだピリ辛スープ。具沢山で満足感が高いのが特徴。


    大容量のスープの素も取り扱っているので、作る頻度が高い方や量をたくさん作る方はおすすめ。トック(韓国の平な餅)を入れてアレンジして食べるのも、現地の味に近づくポイントです。

    左:チュオタン 真ん中:ソンジヘジャンク 右:カムジャタン

    左:チュオタン 真ん中:ソンジヘジャンク 右:カムジャタン

    「トック」はトッポギとは異なり平らな形をしています。

    「トック」はトッポギとは異なり平らな形をしています。

    大容量のスープの素 とてもお得です。

    大容量のスープの素 とてもお得です。

    【おすすめ2位】韓国定番の調味料!コチュカル・コチュジャン・サムジャン
    陳列棚にずらりと並ぶ韓国定番の調味料。コチュカル、コチュジャン、サムジャンは比較的使い勝手が良く、簡単に食卓に取り入れることができる調味料です。

    ●コチュカル
    唐辛子を粉末状にしたもので、キムチや辛いスープを作る時に使います。韓国料理の赤い色のスープは、コチュジャンの赤みもありますが、実は「コチュカル」を使っているものも多いのだとか。入れると辛さが立ち、より韓国の味に近づきます。

    ●コチュジャン
    日本人でも使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。甘辛の韓国味噌で、韓国料理に使う定番の調味料です。「韓国広場」では、大容量のコチュジャンも販売しています。

    ●サムジャン
    韓国で親しまれている甘辛の味噌。包む=「サム」、大豆を発行させた調味料=「醤(ジャン)」で「サムジャン」です。サムギョプサルと一緒に野菜に包んで食べるのが定番ですが、韓国人は“葉物野菜+ごま油+サムジャン”で、ご飯を包んで食べることもあるそう。コチュジャンよりもマイルドな味が特徴です。

    「サムジャン」170g148円(税抜)

    「サムジャン」170g148円(税抜)

    「玄米コチュジャン」 1㎏645円、3㎏1755円(税抜)

    「玄米コチュジャン」 1㎏645円、3㎏1755円(税抜)

    種類が多く圧倒されます。

    種類が多く圧倒されます。

    【おすすめ3位】これを入れるだけで本場の味に!「魚醤エキス」
    「韓国料理はよく作るけど、なにかが足りない…」と感じている方におすすめなのが、韓国版の魚醤エキス。「イワシ」や「いかなご」を長時間発酵させてつくるエキスは、キムチ作りや色々なスープに使用されます。これを少し入れるだけでより本場の味になると韓国人エディターが太鼓判。魚の旨味が凝縮されているので、コクが出て料理が美味しくなること間違いなしです。

    この魚醤エキスは“濃いめ”でキムチ作りにおすすめ。

    この魚醤エキスは“濃いめ”でキムチ作りにおすすめ。

    「キムチ用コチュカル」と「アミエビのエキス」でキムチを作ることができます。

    「キムチ用コチュカル」と「アミエビのエキス」でキムチを作ることができます。

    料理の味付けに「アミの塩辛」を入れるとコクと塩味が出て美味しいです。

    料理の味付けに「アミの塩辛」を入れるとコクと塩味が出て美味しいです。

  • 03

    韓国では当たり前! チャレンジしたい「本格」食材

    日本ではあまり見かけない食材たちも多く並びます。調理の仕方や食べるシーンなど、いくつかピックアップしてご紹介。どれも韓国では当たり前のものばかりです。ぜひチャレンジしてみてください。

    ずらりと並ぶ韓国食材

    ずらりと並ぶ韓国食材

    ●えごまの葉醤油漬け
    韓国ではとてもポピュラーなご飯のお供です。味の染み込んだ“えごまの葉”とご飯は相性抜群!ピリッとした風味で、リピート買いする人が多い商品です。

    「えごまの葉醤油漬け」228円(税抜)

    「えごまの葉醤油漬け」228円(税抜)

    ●トトリムッ
    どんぐりデンプン100%の健康食品。コチュカルや白ごまを混ぜてつくったタレをかけて食べたり、炒め物に入れても美味しいのだとか。ぷるぷるの食感でクセもなく、食べやすい食材です。

    「トトリムッ」475円(税抜)

    「トトリムッ」475円(税抜)

    ●ヨンドゥ
    大豆を発酵させた植物性の天然調味料で、料理のエッセンスとして使われます。日本でいう「ダシ」のようなものです。「ヨンドゥ」と野菜をあえるだけで、旨味のあるナムルができます。手間をかけず美味しい料理を作りたいときに大活躍です。

    「ヨンドゥ」658円(税抜)

    「ヨンドゥ」658円(税抜)

    ●高麗人参スティック
    元気が欲しければ高麗人参!滋養強壮の効果で有名な食材ですが、韓国ではとてもポピュラーで、気軽に生活に取り入れられています。スティック状の袋の中には、高麗人参のエキスがたっぷり。疲れた時に飲むと良いのだとか。

    「6年根 紅参エキス」※高麗人参スティック 470円(税抜)

    「6年根 紅参エキス」※高麗人参スティック 470円(税抜)

    ●餅
    餅米をすり潰してから蒸すのが韓国流のお餅です。韓国では結婚式などのお祝いの席で食べることが多いそうですが、ナッツや蜂蜜が入ったものなど種類が豊富なのでおやつとして食べても美味しそう。

    もち米をすり潰してから蒸す製法で見た目はきめ細かく、モチモチの食感。

    もち米をすり潰してから蒸す製法で見た目はきめ細かく、モチモチの食感。

    お餅の特設コーナーもあります

    お餅の特設コーナーもあります

    ●韓国唐辛子
    スンドゥブやキムチスープ、チヂミなど色々な料理に辛み付けとして使われます。“辛くしたいものにはなんにでも入れる”というぐらい、用途は様々。お好みでちぎって入れますが、本当に辛いので入れすぎには注意です!

    「韓国唐辛子」298円(税抜)

    「韓国唐辛子」298円(税抜)

  • 04

    まだまだある!お得な食材が連発

    本場の食材を紹介しましたが、もちろん気軽に購入できる食材も豊富に取り扱っています!日本人に馴染みのある商品は手に取りやすいですよね。

    ●チヂミの粉
    手軽に作れる韓国料理の一つ「チヂミ」。水と具材を入れるだけで、簡単に作ることができます。日本の一般的なスーパーに置いているチヂミ粉よりも大容量でお得です。

    「チヂミの粉」各メーカー200~300円台で販売中。

    「チヂミの粉」各メーカー200~300円台で販売中。

    ●もち米ホットックミックス
    ホットックミックスは色々なメーカーから販売されていますが、中でも美味しいと人気なのが「CJ FOODS」のホットックミックス。焼き上げると、ふわふわの生地の中にブラウンシュガーがじゅわっと溶け出します。簡単に調理できて朝ごはんなどにぴったりです。

    「ホットックミックス」298円(税抜) ※特売価格

    「ホットックミックス」298円(税抜) ※特売価格

    ●韓国ラーメン
    映画に登場したことで話題となった「チャパグリ」を含め、陳列棚一面に様々な種類のラーメンが並びます。日本でファンが多い「辛ラーメン」や、初めて目にするラーメンも。何種類か試してお気に入りを見つけてみてください。

    左:「チャパゲッティ」 右:「ノグリ」 この2つを混ぜると「チャパグリ」が完成。

    左:「チャパゲッティ」 右:「ノグリ」 この2つを混ぜると「チャパグリ」が完成。

    「ココ麺」103円(税抜)あっさりして美味しいと人気。

    「ココ麺」103円(税抜)あっさりして美味しいと人気。

    日本人に大人気の「辛ラーメン」も、もちろん取り扱っています。

    日本人に大人気の「辛ラーメン」も、もちろん取り扱っています。

    ●おろしにんにく
    にんにく好きにはおすすめ。日本で販売しているにんにくチューブより、少しにんにくの粒が荒いペーストです。粒々感が残っているので、韓国料理以外でもにんにくを使用するときには役立ちそう。

    おろしにんにく 693円(税抜)

    おろしにんにく 693円(税抜)

    ●ごま油・えごま油
    日本の家庭料理にもよく登場する香り高い「ごま油」もおすすめですが、「えごま油」も忘れずに!オメガ3が豊富に含まれている油として健康志向の方に近年人気が高まっていますが、韓国料理にはよく登場する油です。ほうれん草やもやしと相性が良く、韓国では「えごま油」でナムルを作ることも多いそう。

    左:エゴマ油 160ml 428円(税抜)  右:ごま油 320ml 790円(税抜)

    左:エゴマ油 160ml 428円(税抜)  右:ごま油 320ml 790円(税抜)

  • 05

    「韓国広場」アクセス・営業時間

    ■アクセス
    東京都新宿区歌舞伎町2-31-11

    ・JR山手線新大久保駅から徒歩約10分
    ・東京メトロ副都心線・都営大江戸線東新宿駅から徒歩約4分
    ・西武新宿線西武新宿駅(北口)から徒歩約5分 職安通り沿い

    ■営業時間
    08:00~23:00 (年中無休)

    「韓国広場」外観

    「韓国広場」外観

    韓国広場
    place
    東京都新宿区歌舞伎町2-31-11
    phone
    0332329330
    opening-hour
    8:00-23:00
    すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら