【東京】初の大規模リニューアル!「すみだ水族館」で500匹のクラゲをのぞき込む

【東京】初の大規模リニューアル!「すみだ水族館」で500匹のクラゲをのぞき込む


2020.07.16

NAVITIME TRAVEL EDITOR

【東京】初の大規模リニューアル!「すみだ水族館」で500匹のクラゲをのぞき込む

東京スカイツリー®の足元にある「すみだ水族館」は、言わずと知れた東京の観光スポット!2020年7月16日(木)、開業以来初の大規模リニューアルが行われ、2つの新エリアが公開となりました!水族館のアイドルとして不動の人気を誇る「クラゲ」に特化した新エリアでは、約500匹のクラゲの遊泳や貴重な飼育作業が鑑賞できます。
今回は、家族とのお出掛けやデートにもぴったりな「すみだ水族館」の新たな魅力についてご紹介します。

  • 01

    「すみだ水族館」とは

    「すみだ水族館」は来場者数一千万人を突破し、2012年5月22日の開業以来多くの人に愛されてきました。“水族館の新しいあり方”をテーマに、国内でも珍しい完全人工海水による海洋生物の飼育を実現しています。これによって運搬時のCO2発生を削減し、年間を通して安定した水質を維持できるようになっています。

    すみだ水族館 エントランス

    すみだ水族館 エントランス

    東京スカイツリータウン®ウエストヤードの5階と6階の2フロアからなる館内は、一方通行ではなく公園のように自由に歩き回れる自由導線を採用し、さまざまな角度から鑑賞できるようになっています。
    また、“近づくと、もっと好きになる”をキーワードに、いきものやスタッフの方々との距離の近さを意識した空間づくりがされています。水槽のアクリル越しではなく直接いきものたちを観察したり飼育の様子を間近で見られたりと、貴重な体験ができるのも「すみだ水族館」の魅力です。

    すみだ水族館 館内

    すみだ水族館 館内

    すみだ水族館 「江戸リウム」

    すみだ水族館 「江戸リウム」

  • 02

    新エリア『ビッグシャーレ』クラゲを上からのぞき込む

    約500匹のクラゲを上からのぞき込める新感覚のクラゲ水槽『ビッグシャーレ』が、クラゲ展示エリア「アクアラボ」と「アクアギャラリー」のあったエリアに登場しました!長径7m・短径3mの水盤型水槽は、まるで大きなクラゲのよう。
    水中では、数億年前から姿を変えていないというクラゲたちがゆらゆらと遊泳しています。水槽越しではなく水面から直接見ることができるので、質感や動作などをじっくり観察できます。

    すみだ水族館 「ビッグシャーレ」

    すみだ水族館 「ビッグシャーレ」

    すみだ水族館 「ビッグシャーレ」

    すみだ水族館 「ビッグシャーレ」

    クラゲ水槽「ビッグシャーレ」の一部には、ガラス床のデッキが設置されています。水盤に張り出した透明のデッキに立つと、クラゲたちが足元を漂う様子が見られ、まるで水面に立っているかのような浮遊感に包まれます。ゆっくりと変化する光に照らされる姿は、なんとも幻想的。
    そして今回のリニューアルによって、初展示となる「ブラックシーネットル」を含んだ14種約700匹が展示されることとなりました。

    すみだ水族館 「ビッグシャーレ」

    すみだ水族館 「ビッグシャーレ」

    また、3つの半円型の水槽を繋げた「ドラム型水槽」では、異なる種類のクラゲたちの色や模様、泳ぎ方の違いを楽しむことができます。クラゲの持つ毒性の違いから、1つの水槽に多種のクラゲを展示することができないため、独立した水槽を横並びに繋げることでまるで1つの水槽のように見せる工夫がされています。横から水槽を覗いてみると、3種類のクラゲが一緒に泳いでいるように見えますよ。

    すみだ水族館 「ドラム型水槽」

    すみだ水族館 「ドラム型水槽」

    すみだ水族館 「ドラム型水槽」

    すみだ水族館 「ドラム型水槽」

  • 03

    新エリア『アクアベース』ゴハンタイムや飼育作業を見学

    「すみだ水族館」の命ともいえるのが、『アクアベース』。多目的スペースとして利用されていた「すみだステージ」エリアを改修して新設されました。
    このエリア内にあるオープンスペース「ラボ」では、クラゲの飼育作業の様子を全面公開しています。ここでは、クラゲの成長過程や赤ちゃんクラゲが泳ぐ水槽の水換えの様子などを、飼育スタッフとコミュニケーションをとりながら観察することができます。「すみだ水族館」で展示されている14種約700匹のクラゲがこの場所で生まれたというから驚きです!

    すみだ水族館 「ラボ」

    すみだ水族館 「ラボ」

    すみだ水族館 「ラボ」 クラゲ水槽の水換えの様子

    すみだ水族館 「ラボ」 クラゲ水槽の水換えの様子

    すみだ水族館 「ラボ」 クラゲの成長段階

    すみだ水族館 「ラボ」 クラゲの成長段階

    また「キッチン」では、いきものたちの食事を用意する様子を見学できます。いきものたちの体調や気分、食べ方の好みを見極め、丁寧に“ゴハン”を作っていくのだそう。手作業や清潔さの徹底など、飼育スタッフたちの熱心な姿からはいきものへの愛情を強く感じます。
    いきものたちの食事の時間は、オープンスペース中央頭上に設置された直径約10メートルのリング型サイネージで確認できるようになっています。ここに表示される情報は、「ラボ」を通して飼育スタッフのリアルタイムの声が発信されています。

    すみだ水族館 「キッチン」

    すみだ水族館 「キッチン」

    すみだ水族館 「キッチン」

    すみだ水族館 「キッチン」

    すみだ水族館 ペンギンたちのもぐもぐタイム

    すみだ水族館 ペンギンたちのもぐもぐタイム

    すみだ水族館 「アクアベース」

    すみだ水族館 「アクアベース」

  • 04

    必見!『小笠原大水槽』は東京で唯一の世界自然遺産を表現

    東京で唯一の世界自然遺産に認定されている小笠原諸島の美しい海の世界を表現しているのが「小笠原大水槽」。小笠原村の協力によって海の青の濃さや深さが再現されています。そんな大水槽のなかを、シロワニ(サメの仲間)やエイなど大型の海洋生物がのびのびと泳ぐ姿は圧巻!約50種450匹が暮らしている迫力満点の水槽です。
    5階の水槽横にはカフェがあるため、水槽前に置かれた椅子に座ってゆったりと楽しむのもおすすめですよ。

    すみだ水族館 「小笠原大水槽」

    すみだ水族館 「小笠原大水槽」

    すみだ水族館 「小笠原大水槽」

    すみだ水族館 「小笠原大水槽」

  • 05

    クラゲをもっと好きになる!爽やかなカフェメニューやグッズをチェック

    「ペンギンカフェ」では、海にぷかりと浮かぶクラゲのようなゼリーがのった「ハピネスクラゲゼリー」、食用クラゲを使用したホイップクリームとクラゲのイラストが可愛いクッキーがのった「勝手にクラゲシェイク」の、見た目も涼やかな2種類のドリンクが登場しました!ソフトクリームやかき氷、サイダーゼリーなど夏にぴったりなひんやりスイーツです。
    そして、お腹が空いている方におすすめなのが、クラゲをイメージしてつくられた手のひらサイズの「カラージェリーバーガー・ドリンク付」!紅ショウガや佃煮など、和風なお味の新感覚バーガーです。

    左「ハピネスクラゲゼリー」 550円 右「勝手にクラゲシェイク」 600円(全て税込)

    左「ハピネスクラゲゼリー」 550円 右「勝手にクラゲシェイク」 600円(全て税込)

    「カラージェリーバーガー・ドリンク付」 680円(税込)

    「カラージェリーバーガー・ドリンク付」 680円(税込)

    リニューアルオープンにともにともなって、クラゲにちなんだグッズもたくさん登場しました。お土産にぴったりな「プリントせんべい くらげ」や、ペアで持ちたい「クラゲキーリング ミズクラゲ・タコクラゲ」など、キュートなグッズが揃っています。ぜひ「ミュージアムショップ」に立ち寄ってみてくださいね。

    「プリントせんべい くらげ」 702円(税込)

    「プリントせんべい くらげ」 702円(税込)

    「クラゲキーリング ミズクラゲ・タコクラゲ」 660円(税込)

    「クラゲキーリング ミズクラゲ・タコクラゲ」 660円(税込)

  • 06

    <アクセス・チケット購入について>

    ■電車で行く
    東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー」駅より徒歩すぐ
    東武スカイツリーライン・東京メトロ半蔵門線・京成押上線・都営地下鉄浅草線「押上(スカイツリー前)」駅より直通徒歩5分
    ※すみだ水族館専用及び提携駐車場がないため、公共交通機関でのお出掛けをおすすめします。

    ■「すみだ水族館」では、7/16以降事前予約制となっています。WEBチケットを購入、もしくはWEB整理券の発券が必要です。

    すみだ水族館 「ビッグシャーレ」

    すみだ水族館 「ビッグシャーレ」

    すみだ水族館
    place
    東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5・6F
    phone
    0356191821
    opening-hour
    [平日]10:00-19:00(最終入館18…

この記事を含むまとめ記事はこちら