日本を代表する観光地の一つ“京都”。そんな京都の新商業施設「新風館」の中に、観光客を引き付ける魅力的なホテル「エースホテル京都」が2020年6月11日(木)にプレオープンすることが発表され、オンラインにてホテル予約も開始しています。
世界的な有名建築家の隈研吾氏がデザインを手掛けたことや、おしゃれなホテル内のレストランにも注目が集まっています。今回はそんな京都の新名所になること間違いなしの「エースホテル京都」をご紹介します。

  • 01

    「Ace Hotel(エースホテル)」とは?

    「Ace Hotel(エースホテル)」は、1999年にアメリカ・シアトルに初のホテルをオープンし、そこからロンドン、ロサンゼルスなど現在は世界9か所に館を構えています。
    地域それぞれの個性やカルチャーを取り入れたデザインやコンセプトが創り出す独自の世界観が人気で、世界中に感度の高いファンを持つホテルです。

    Ace Hotel New Orleans

    Ace Hotel New Orleans©Forward Stroke inc.

  • 02

    「Ace Hotel Kyoto(エースホテル京都)」とは?

    そんなエースホテルのアジア圏初の出店となったのが今回オープンする「Ace Hotel Kyoto(エースホテル京都)」です。京都市営地下鉄「烏丸御池駅」に直結したホテルで、コンセプトは「East Meets West」。日本の京都ならではの品格もありつつ、クリエイティブな要素が加わりどこか遊び心が漂う独自の雰囲気が魅力です。
    また旅行客と地元の方々が集い、新たなカルチャーを創出することを目指してデザインされた1階ロビーは、隈研吾氏が設計した和を感じさせる木組みと、ソファや華やかな照明といった洋の要素が調和した空間となっており注目です。

    エースホテル京都の「エーススイート」

    エースホテル京都の「エーススイート」©Forward Stroke inc.

    エースホテル京都1階ロビー

    エースホテル京都1階ロビー©Forward Stroke inc.

    エースホテル京都

    エースホテル京都©Forward Stroke inc.

  • 03

    注目のホテルレストラン

    エース京都ホテル内にあるレストランは3つ。そのうち以下2レストランで、6月11日からのプレビュー期間限定特別メニューをいただくことができます。
    なお、両方のレストランはウェブサイトにて予約可能です。

    ●PIOPIKO(ピオピコ)
    高級料理店の技術とアメリカ風メキシコ料理をかけ合わせた活気のあるバー&タコスラウンジ。移民カルチャーが根付くLAの感性を料理で表現するウェス・アヴィラ(Wes Avila)氏が手掛けています。
    PIOPIKOの予約はこちら

    ●Mr. Maurice’s Italian(ミスター・モーリスズ・イタリアン)
    アメリカ風イタリアン・オステリア兼ルーフトップバー。イタリア、アメリカの両地で経験を積んだマーク・ヴェトリ(Marc Vetri)氏が手掛けています。
    Mr. Maurice’s Italianの予約はこちら

    ※2020年後半のグランドオープン後には、全ての3レストランでフルメニューが展開予定。

    エースホテル京都 PIOPIKO

    エースホテル京都 PIOPIKO©Forward Stroke inc.

    エースホテル京都 Mr. Maurice's Italian/Rooftop

    エースホテル京都 Mr. Maurice's Italian/Rooftop©Forward Stroke inc.

  • 04

    アクセス

    〈電車〉
    京都市営地下鉄「烏丸御池」駅直結
    ※京都駅から烏丸線で3駅

    エースホテル京都 外観

    エースホテル京都 外観©Forward Stroke inc.

    ACE HOTEL KYOTO(エースホテルキョウト)
    place
    京都府京都市中京区姉小路通東洞院西入車屋町245-2
    phone
    05017053380
    opening-hour
    [平日]10:00-19:00[土日]10:00…
    no image

この記事を含むまとめ記事はこちら