2020年4月1日、『下北線路街』のまちづくりのひとつとして新たにオープンした「BONUS TRACK(ボーナストラック)」!ローカル・ソーシャル・カルチャーが混在した、おしゃれで爽やかな商店街の誕生です。
下北沢の有名ブックカフェ「本屋B&B」や、大阪の超人気スパイスカレーのお店「ADDA(アッダ)」など、下北沢を感じさせるパンチの効いたお店が勢ぞろい!今回は、なかでもおすすめの個性派ショップをご紹介します。下北散策にぴったりなわくわくが詰まった「BONUS TRACK」へ、ぜひ足を運んでみてくださいね♪

  • 01

    「BONUS TRACK(ボーナストラック)」とは?

    BONUS TRACK(ボーナストラック)

    BONUS TRACK(ボーナストラック)

    『下北線路街』としてまちづくり開発が進められている下北沢エリアに新しく誕生した「BONUS TRACK(ボーナストラック)」は、店舗・住居一体型の5つの建物からなる商業施設。
    そこはまるで古き良き商店街のような温かくのんびりとした空気に包まれています。下北沢にはユニークなお店が多く、ここ「BONUS TRACK(ボーナストラック)」にもほかでは出会えない個性が光るお店が並んでいます。そして、昔ながらの個人商店のように“店主の顔が見える”ことが魅力のひとつ。下北沢という街の魅力がぎゅっと詰まったようなそんなスポットです。

    【公式HP】https://bonus-track.net/

    BONUS TRACK(ボーナストラック)

    BONUS TRACK(ボーナストラック)

    BONUS TRACK(ボーナストラック)

    BONUS TRACK(ボーナストラック)

  • 02

    【焼き菓子×酒】―「胃袋にズキュン はなれ」で日本の魅力を再発見

    和テイストの焼き菓子とお酒のマリアージュを楽しめる「胃袋にズキュン はなれ」。下北沢にあるビストロ「胃袋にズキュン」の“はなれ”としてオープンしました。
    “日本の魅力再発見”をコンセプトに、国産素材を使った焼き菓子と、国産・少量生産規模の酒蔵から発掘した希少なお酒をいただけます。季節のもので作る焼き菓子は、「サバ味噌のケークサレ」や「八丁味噌とあんこのブラウニー」、「桜と白あんのフィナンシェ」などどれもユニークなものばかり。新鮮ながらもどこかほっとするような優しい味わいが魅力です。
    ぽかぽか陽気が心地よい日の昼下がりに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

    胃袋にズキュン はなれ 外観

    胃袋にズキュン はなれ 外観

    胃袋にズキュン はなれ 春の焼き菓子

    胃袋にズキュン はなれ 春の焼き菓子

    胃袋にズキュン はなれ 国産の希少なお酒をいただけます

    胃袋にズキュン はなれ 国産の希少なお酒をいただけます

  • 03

    【ブックカフェ】―「本の読める店 fuzkue」で時間を気にせず本を読む

    時間を気にせずゆっくりと本を読むことに集中してほしいという想いが込められた「本の読める店 fuzkue(フヅクエ)」。長居する人がコーヒーや食事をオーダーすることを気にしないで済むよう、時間やオーダー具合によっての席料が設定されています。そして、店内ではおしゃべりNG。約束された静けさのなかで、本の世界にどっぷり浸りましょう。もちろん、読書のお供にぴったりな充実のメニューも魅力です。サンドイッチなどの軽食やスイーツ、おしゃれなカクテルなど豊富なラインナップ。
    それぞれが納得のいく形でゆったりと贅沢な時間を過ごすことができます。あるようでなかった新感覚のブックカフェです。

    【公式HP】http://fuzkue.com/

    本の読める店 fuzkue 

    本の読める店 fuzkue 

    本の読める店 fuzkue 店内

    本の読める店 fuzkue 店内

    本の読める店 fuzkue 店内

    本の読める店 fuzkue 店内

    本の読める店 fuzkue テイクアウトも可能です

    本の読める店 fuzkue テイクアウトも可能です

  • 04

    【スパイスカレー】―「ADDA(アッダ)」でスリランカ×インドの絶品カレーを堪能

    大阪の超人気スパイスカレーを味わえる「ADDA(アッダ)」が、カレーの街・下北沢に登場。なんと、インドカレーの有名店「ボタ」とスリランカカレーの有名店「デッカオ」のカレーをどちらも楽しめちゃうんです!ランチでいただけるのは、定番のチキンカレーと2種類の週替わりカレーのセット。3種盛り(1400円)または2種盛り(1200円)から選ぶことができます。お店の方おすすめの食べ方は、カレールーや周りの薬味を全部混ぜ合わせる“スリランカスタイル”とのこと。奥深く複雑な味わいは、まさに予測不能な出会いです。
    お昼はカレー屋ですが、夜はジンを中心としたお酒をいただけるバーに変身します。ぜひ、カレーとのマリアージュを楽しんでみてくださいね。

    ADDA(アッダ) 外観

    ADDA(アッダ) 外観

    ADDA(アッダ) 店内

    ADDA(アッダ) 店内

    ADDA(アッダ) 3種のカレーセット

    ADDA(アッダ) 3種のカレーセット

    ADDA(アッダ) 種類豊富なジンがずらり!

    ADDA(アッダ) 種類豊富なジンがずらり!

  • 05

    【お米×お酒】―「お粥とお酒 ANDON」で朝も夜もお米尽くし

    日本橋にある「おむすびスタンドANDON」の2号店である、「お粥とお酒 ANDON」。“ホッと整う、1日のはじまり。”をコンセプトとした、お米とお酒を楽しめるお店です。朝にはカラダを優しく目覚めさせてくれるお粥、おやつの時間にはお米や酒粕を使ったスイーツ、そして夜には1日の疲れを癒す温かい食事と美味しいお酒がいただけます。
    お米と言ったら秋田県!秋田といったらなまはげ!ということで、白を基調としたシンプルな店内には、なまはげがなんともポップに飾られています。素敵な笑顔が印象的なオーナーは秋田出身。そんなオーナーのこだわりが詰まったお店です。

    お粥とお酒 ANDON 外観

    お粥とお酒 ANDON 外観

    お粥とお酒 ANDON 店内

    お粥とお酒 ANDON 店内

    お粥とお酒 ANDON 秋田出身のオーナー武田さん

    お粥とお酒 ANDON 秋田出身のオーナー武田さん

  • 06

    【ジューススタンド】―「Why_?」でフレッシュな美味しいを五感で感じよう

    ダイカンヤマのフレッシュジューススタンド「Why Juice?」から誕生したのが、フレッシュなジュースと旬の野菜を販売する「Why_?」。季節の味を五感でまるごと楽しめるジューススタンドです。
    店内には、旬の野菜と選び抜かれたこだわりの商品が並んでいます。コールドプレスジュースやスムージーのほかデリやラップサンドなども販売しており、ヘルシーな食事がしたいときにおすすめ。最近話題のヴィ―ガンにも対応しており、素材そのものの甘みや旨みが感じられるメニューが揃っています。

    Why_? 外観

    Why_? 外観

    Why_? 店内

    Why_? 店内

    Why_? メニュー

    Why_? メニュー

    Why_? 裏側・テイクアウトカウンター

    Why_? 裏側・テイクアウトカウンター

  • 07

    【アクセス情報】

    下北沢駅(京王線西口)より徒歩5分 / 下北沢駅(小田急東口)より徒歩7分
    世田谷代田駅より徒歩6分

    下北沢駅(京王線西口)

    下北沢駅(京王線西口)

    下北沢
    place
    東京都世田谷区北沢2丁目
    no image
    下北沢駅(小田急東口)

    下北沢駅(小田急東口)

この記事を含むまとめ記事はこちら