NAVITIME Travel

【銀座】普通のスタバと何が違う?「スターバックスリザーブ®ストア」早わかり解説

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

11. October. 2019

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

2013年に地域密着型店舗「ネイバーフッド アンド コーヒーストア」の一号店が東京・世田谷に誕生し、2019年2月には世界で5店舗目となる「スターバックス リザーブ® ロースタリー」が中目黒にオープンして大きな話題になりました。ここで勢いが止まることはなく、同年9月に「スターバックスリザーブ®ストア」の1号店が銀座にオープンしました。
続々と新業態がオープンし、スターバックスファンを魅了する一方でその違いがよく分からない!なんてことはありませんか?今回は、そんな知ってるようで知らない「スターバックスリザーブ®ストア」と他の店舗との違いをご紹介します。これを読んだら、あなたもスタバ通!

目次

  • そもそも「スターバックスリザーブ®」とは?
  • 世界に5つしかない「スターバックス リザーブ® ロースタリー」とは?
  • 銀座にできた「スターバックスリザーブ®ストア」とは?
  • 【1F】「PRINCI(プリンチ)®」イタリアンベーカリーをさくっとテイクアウト
  • 【1F~2F】階段にはカラフルなパッケージがずらり!混雑時は2Fベンチで待ちましょう
  • 【2F】席を確保したらバーカウンターでオーダーしましょう
  • ビバレッジメニューについて
  • 【最後に】カップケーキやコーヒー豆をお土産に
  • 予約システムについて
  • 最寄り駅・アクセス

この記事を含むまとめ記事はこちら

新着記事

    もっと見る

    新着の観光コース

      東京都の写真集

    • 全国

      |

      エリアから探す

      • 目的から探す