NAVITIME Travel

【横浜】一年中イチゴ狩りができる!?『東京ストロベリーパーク』が素敵

イチゴ狩りといえば冬から春にかけてのある時期にしかできないものだと思っていましたが、最近横浜に画期的な施設ができたという噂が…。
その名も「東京ストロベリーパーク」!
温度・湿度をイチゴが育ちやすい環境に保ったハウスで、その時々に応じたイチゴが食べられるんです。
そのほかにもクッキー作りの体験や、お食事も充実のビュッフェレストラン、イチゴ×チョコのオリジナルスイーツをいただけるカフェまで。そんなイチゴの魅力がギュッと詰まった新しい形の“イチゴのテーマパーク”。
女性同士ではもちろん、ご家族でもデートでも楽しめること間違いなしの「東京ストロベリーパーク」。アクセスや料金、館内の様子までその全貌をご紹介します!

  • 『東京ストロベリーパーク』とは?

    首都圏からほど近い神奈川県横浜市にある、イチゴに触れて、見て、味わえる施設。
    オール電化ならではのきめ細やかな温度・湿度管理で、季節に関係なく一年中イチゴ狩りが楽しめます。

    東京ストロベリーパーク 外観

    東京ストロベリーパーク 外観

    さっそく記念撮影したくなる、巨大なイチゴがお出迎え

    さっそく記念撮影したくなる、巨大なイチゴがお出迎え

  • 365日イチゴ狩りができるという「ストロベリーファーム」へ!

    イチゴ狩りをするのはこちらのハウス。野球場だった場所をそのまま使い、ハウスを建てたんだそう。

    野球のグランドの形をそのまま保っています

    野球のグランドの形をそのまま保っています

    イチゴは摘みやすいように、床から1mほどの位置に植える「高設栽培」を用いており、土で汚れることもないのでそのまま食べることができます。
    また、床は一面ピンク色のコンクリートで、足元も安心!小さなお子様は目の前に広がるイチゴの数々に目を輝かせることでしょう。

    ハウスに入ると目の前に広がるイチゴ畑

    ハウスに入ると目の前に広がるイチゴ畑

    真っ赤に熟したイチゴがゴロゴロと!

    真っ赤に熟したイチゴがゴロゴロと!

    イチゴはその時期に合わせて最もおいしい旬のイチゴを数種類ずつセレクトしており、来るたびに新しい品種に出会うことができます。「本日のレーン」の札が出ている列でイチゴを収穫しましょう。

    「よつぼし」は甘味と酸味のバランスが程よく、さっぱりしているので、何粒でも食べられそう

    「よつぼし」は甘味と酸味のバランスが程よく、さっぱりしているので、何粒でも食べられそう

    気になるお値段ですが、時期によって異なります。
    【1~6月】大人:2000円 小学生以下:1500円 3歳以下:無料 持ち帰りカップ:800円
    【7~12月】大人:2980円 小学生以下:2480円 3歳以下:無料 持ち帰りカップ 1400円
    ※すべて税込み

    イチゴ狩りは30分間で、HPからのみの完全予約制。イチゴそのものの味を楽しんでいただくため、練乳などはありません。
    また、品質と生育状況によって予約人数の制限があるので早めの予約がおすすめです!

    白いカップがイチゴ狩り用、透明カップが持ち帰り用

    白いカップがイチゴ狩り用、透明カップが持ち帰り用

    ちなみに、ほとんどのイチゴ狩り農園ではハチを飼っており、ここでもたまに見かけることが。しかし、人間に危害を加えることはない優しい性格のハチなので安心してイチゴ狩りを楽しんでください。

    イチゴ狩りをしている間はほとんどのハチが巣箱に戻っています

    イチゴ狩りをしている間はほとんどのハチが巣箱に戻っています

  • とれたてイチゴ×チョコの贅沢スイーツを堪能♡「イチゴラボ」

    入り口から向かって右側に、外から見えるガラス張りの部屋が…。ここは「イチゴラボ」と言って、イチゴとチョコのオリジナルスイーツを楽しめる場所。

    イチゴをたっぷりと使った「BBH(ベリーベリーハッピー)いちごパフェ」はとれたてのファームイチゴを使用しており、ムース、アイス、ホイップまですべてがイチゴ味!甘いイチゴの香りだけではなく、本物ならではの甘酸っぱさや果肉感が贅沢に感じられます。
    季節ごとに商品が変わるので、行くたびに新しいイチゴスイーツに出会えますよ。

    BBH(ベリーベリーハッピー)いちごパフェ 870円

    BBH(ベリーベリーハッピー)いちごパフェ 870円

    テイクアウト方式で、店内のカフェのようなソファーや外にあるベンチでいただきます。

    左から いちごちょこみるく550円 いちごチョコドーナツ200円 イチゴスムージー650円(すべて税込み)

    左から いちごちょこみるく550円 いちごチョコドーナツ200円 イチゴスムージー650円(すべて税込み)

    テーマが“LAB.=研究所”なので、メニューも凝っていてかわいい!

    テーマが“LAB.=研究所”なので、メニューも凝っていてかわいい!

    ここでは、イチゴスイーツを作る工程を目の前で見ることができます。部屋中にふんわりと広がるチョコとイチゴの甘い香りに癒されます。

    一つ一つ手間暇かけて仕上げていくスイーツは、どれも本当に絶品!

    一つ一つ手間暇かけて仕上げていくスイーツは、どれも本当に絶品!

    ガラス越しに見える光景にくぎづけです

    ガラス越しに見える光景にくぎづけです

  • ランチを食べるならココ!スイーツも食事も大満足のビュッフェレストランで♪

    2Fにある、イタリアンメニューが中心のビュッフェ形式のレストラン「パークサイドキッチン」。できたてのピザやパスタをはじめ、新鮮なサラダやおしゃれなデリがすべて食べ放題!
    スイーツも充実しており、色とりどりのケーキや堂々とそびえ立つ2色のチョコレートファウンテンなど種類も豊富です。
    好きなものを好きなだけ食べられるビュッフェは、欲張りな女性、小さなお子様、カップルにもぴったりです。

    お好みの素材をチョコレートでフォンデュしましょう

    お好みの素材をチョコレートでフォンデュしましょう

    鴨の燻製やパテなど大人も満足できる本格的なメニュー

    鴨の燻製やパテなど大人も満足できる本格的なメニュー

    店内はとっても広く、天井が吹き抜けで開放感がある気持ちのいい空間です。

    パークサイドキッチン 内観

    パークサイドキッチン 内観

    パークサイドキッチンのお値段は、
    【平日】大人:2100円 小学生以下:1100円 3歳以下:無料
    【休日】大人:2500円 小学生以下:1300円 3歳以下:無料
    ※すべて税込み
    ビュッフェは90分制・ドリンクバー付きの予約優先です。

    お料理を作っているキッチンをのぞくことができます

    お料理を作っているキッチンをのぞくことができます

  • 自分用にも!ハイセンスなイチゴモチーフのお土産

    お土産を購入できるのは受付の前にあるPOP UP SHOP「ベリーグットショップ」と、先ほどのカフェがある「イチゴラボ」の2か所。ここでしか買えないイチゴのお菓子や、イチゴモチーフのグッズがずらっと並びます。
    一番人気は、ショートケーキをかたどった洋風な「イチゴ和三盆」。筒形のパッケージがおしゃれなので、贈り物にもぴったりです。

    ショートケーキ和三盆 750円(税込)

    ショートケーキ和三盆 750円(税込)

    こちらの棒付きのチョコレートは若い女性に人気があるそうで、その場で写真撮影をする人も多いんだとか。

    東京ストロベリーチョコレート 200円(税込)

    東京ストロベリーチョコレート 200円(税込)

    お菓子から雑貨まで様々なお土産が揃う「ベリーグットショップ」

    お菓子から雑貨まで様々なお土産が揃う「ベリーグットショップ」

    「イチゴラボ」のお土産コーナー

    「イチゴラボ」のお土産コーナー

  • 車・電車・バスでの「東京ストロベリーパーク」までのアクセスは?

    【電車・バス】
    東京ストロベリーパークの最寄り駅は「京急線生麦駅」。しかし、生麦駅からは歩いていくには遠くバスは本数が少ないので、公共交通機関を使うなら「京急本線 鶴見駅」か「JR鶴見駅」からバスに乗るのがおすすめ。
    鶴見駅東口バス乗り場の”7番乗り場”より「横浜さとうのふるさと行(181系統)」に乗車し、「横浜火力発電所前」に下車、目の前が東京ストロベリーパークです。

    鶴見駅東口バス乗り場 7番乗り場 こちらから乗車して約15分

    鶴見駅東口バス乗り場 7番乗り場 こちらから乗車して約15分

    乗車して約15分の「横浜火力発電所前」のバス停で下車します

    乗車して約15分の「横浜火力発電所前」のバス停で下車します

    【車】生麦(鶴見駅)方面からの経路
    ①東田火力発電所の前の次の信号を右折
    ②突き当りを右折して道なり
    ③信号を左折
    ④2つ目の信号手前を約20m手前を左折すると駐車場

    【車】大黒大橋方面からの経路
    ①東電火力発電所前の次の次の信号の手前約30mを左折すると駐車場

    生麦(鶴見駅)方面からは、この看板が目印です

    生麦(鶴見駅)方面からは、この看板が目印です

    東京ストロベリーパーク
    住所
    神奈川県横浜市鶴見区大黒町11-1
    電話番号
    0453945555
    備考
    【URL】https://tokyo-strawberry-park.jp/
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

新着記事