NAVITIME Travel

新潟の名産は、米と酒と「マンガ・アニメ」って知ってた!?

新潟を離れて数十年、最近めっきり新潟のシティーへ顔を出していなかった編集者が新潟の新しい一面を発見しました…! 新潟といえば「米と酒だよね~」と思っているアナタ!新しい新潟には、カルチュアルな魅力で溢れていたのです!

新潟 マンガ・アニメ

目次

  • 有名マンガ家輩出県「新潟」!

  • 古町の「マンガの家」

  • 万代には「マンガ・アニメ情報館」

  • 有名マンガ家輩出県「新潟」!

    冬は寒くて、コタツで丸まりながらマンガを描き描き…環境が育てたかどうかは定かではありませんが、新潟はとっても有名なマンガ家さんが多い県であることをご存知でしたか?

    アマチュアの活動も活発で、20年ほど前から「にいがたマンガ大賞」として、著名なマンガ家や大手出版社の編集者の方がプロへの道を応援!マンガ文化を支える体制が整っていたのですね。

    そして、その勢いをさらに盛り上げよう、とつくられたのがこれから紹介する2つの施設なのです!

  • 古町の「マンガの家」

    新潟市古町の一角にある「新潟市マンガの家」は、1万冊以上のマンガの蔵書がある誰でも無料で使えるコミュニティースペースです。

    新潟市マンガの家

    新潟市マンガの家

    1Fで出迎えてくれるのは、今再ブーム真っ只中、赤塚不二夫先生の「おそ松くん」!イヤミのシェー!が撮影できたり、シャッターを切れば六つ子になれるという鏡張りの奥ゆかしいフォトスポットが登場します。
    赤塚不二夫生は、生まれは違いますが、新潟で育った偉大なマンガ家のおひとりです。

    フォトスポット イヤミのシェー!

    フォトスポット イヤミのシェー!

    フォトスポット なりきり六子

    フォトスポット なりきり六子

    先に進めば、女子系ギャクマンガの元祖!「パタリロ!」(魔夜 峰央(新潟県新潟市))
    クックロビン音頭が有名ですね♪

    パタリロ!

    パタリロ!

    どちらが好きか選べない、「ハイスクール!奇面組」(新沢基栄(新潟県柏崎市出)と「ついでにとんちんかん」の「ぬけさく先生」(えんどコイチ(新潟県白根市))も!

    ぬけさく先生ですよ!

    ぬけさく先生ですよ!

    スゴイです!このギャクマンガ全て読んでました…!全員新潟県の人だと思うと感動!!

    2Fは、次世代のマンガ家を応援する為の「マンガ講座」などが開かれるワークショップコーナーと、この「マンガの家」のマンガに精通したスタッフの方々が選りすぐった、日本のマンガ推薦図書1万冊!が読み放題。

    「マンガの家」ワークショップコーナー

    「マンガの家」ワークショップコーナー

    「マンガの家」厳選1万冊

    「マンガの家」厳選1万冊

    新潟のマンガ家さんコーナーもあります。
    「ドカベン」(水島新司)や、「頭文字D」(しげの秀一)、「特命係長 只野仁」(柳沢きみお)、「るろうに剣心」(和月 伸宏)、「DEAR BOYS」(八神ひろき)…
    こちらは読んだことはありませんが有名な作品なことは分かります!なんだかスゴい!

    新潟のマンガ家コーナー

    新潟のマンガ家コーナー

    「マンガの家」に感動していると、もう1件姉妹施設があるというではありませんか。

    新潟市マンガの家
    住所
    新潟県新潟市中央区古町通6番町971-7
    電話番号
    0252018923
    備考
    http://house.nmam.jp/
  • 万代には「マンガ・アニメ情報館」

    新潟のファッションスポット万代の「万代シティBP2」にあるのが「マンガ・アニメ情報館」です。先ほどの、マンガの家からは万代橋を渡り徒歩15分ほど。

    新潟市マンガ・アニメ情報館

    新潟市マンガ・アニメ情報館

    こちらは、マンガ・アニメについての体験施設と、原画の展示、企画展などが開催されるミュージアム。

    声優の体験が出来たり、マンガの作成行程が学べる設備などがそろっています。

    声優体験マシン

    声優体験マシン

    マンガ作成行程

    マンガ作成行程

    「うる星やつら」のラムちゃんも新潟のマンガ家さん!(高橋留美子(新潟県新潟市))

    ラムちゃん

    ラムちゃん

    こちらはでは、知っているのはラムちゃんのみの編集者…。
    聞けば、最近大人気の「心が叫びたがってるんだ。」「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」の長井 龍雪氏や、最近映画化された、「バクマン」や、世界的大ヒットの「デスノート」を描いている小畑健氏も新潟出身と、最近の新潟のマンガアニメ事情を知ったのです!

    「おそ松さんSHOP」入場待ち行列

    「おそ松さんSHOP」入場待ち行列

    企画展も盛んで、4月に開催された「おそ松さんSHOP」は連日入場待ちの列ができるほどの人気だったとのこと。今後も「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」や、「サイコパス原画展」など人気展示が多数予定されています!

    サイコパス原画展

    サイコパス原画展

    アニメに敏感ではない編集者も、新潟のアニメもすげー!と感動してしまうような施設でした。

    好きなひとにはたまらない!新潟でぜひマンガ・アニメにどっぷり浸る体験をしてみてはいかがでしょうか!

    新潟市マンガ・アニメ情報館
    住所
    新潟県新潟市中央区八千代2-5-7 万代シティBP2 1F
    電話番号
    0252404311
    備考
    http://museum.nmam.jp/
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事