「STARBUCKS EVENINGS(スターバックス イブニングス)」オープン初日に行ってみた!


2016.04.02

NAVITIME TRAVEL EDITOR

3月30日(水)、アジア初出店となる「STARBUCKS EVENINGS(スターバックス イブニングス)」が東京・丸の内新東京ビル内にオープン。仕事帰りにふらっと立ち寄れる、新しいスタバのスタイルをオープン初日に体験してきました!

  • 01

    「スターバックスイブニングス」とは?

    「仕事帰りに少しだけ。ワインやスイーツを楽しみながら、ゆったりとした自分だけの時間を。」というコンセプトの元に生まれたスターバックスの新業態。ワインやビールと一緒に、「タルトレット」と呼ばれるオリジナルスイーツなどを楽しめる、気軽な店舗スタイルです。

  • 02

    日本ではここでしか出会えない!限定看板メニュー

    注目メニューは、お酒と楽しむために作られた日本限定のスイーツ、「タルトレット」。お酒を片手に楽しめるおつまみ感覚のタルトです。タルトレットは全5種類で、ワインとの組み合わせは自由。店員さんにオススを聞いてみてもいいかも。

    「クリームチーズ&オレンジ」のタルトレットとスパークリングワイン

    「クリームチーズ&オレンジ」のタルトレットとスパークリングワイン

    グラスの上にタルトレットが乗せられて提供されるのがオシャレな雰囲気。味は甘めのタルト生地にドライオレンジの風味やナッツのカリカリ食感が合わさって楽しい感じ。チーズの濃厚さも重なって、お酒も進みました!

    他にもフラペチーノ風ワイン「「ワインフラッジーノ」」が人気でした。

    他にもフラペチーノ風ワイン「「ワインフラッジーノ」」が人気でした。

    ラタトゥイユなどのデリもあるのがうれしい!

    ラタトゥイユなどのデリもあるのがうれしい!

  • 03

    店内の様子はどんな感じ?

    店内は全部で40席ほどで、会社帰りの人で大賑わいでした。しばらくは混雑しそうな予感ですが、「ちょっと一杯」の人も多そうなので気軽に寄ってみても。お酒はイートインのみなので、注文する前に席の確保がおすすめ。

    カウンター席もあり、ちょっとしたバー感覚も味わえちゃいます。

    カウンター席もあり、ちょっとしたバー感覚も味わえちゃいます。

    ゆったり座れるソファー席もありました。

    ゆったり座れるソファー席もありました。

  • 04

    オフィス帰りはもちろん、待ち合わせにも使える!

    最寄駅は有楽町、東京、日比谷の3つが利用できます。いずれも駅から徒歩6分ほどで到着。東京国際フォーラムのホールA入り口の道路をはさんだ向かいのビルなので、イベント前の待ち合わせなどにも利用しやすい場所です。

    オフィス街なので同じようなビルが並んでいてちょっとわかりにくいですが、ビル出入り口に「新東京ビル」と書いてあるので目印にしましょう。

    新東京ビルの入り口。いわゆる一般的なオフィスビルです。

    新東京ビルの入り口。いわゆる一般的なオフィスビルです。

    お店は1Fエントランス中央にあるのですぐわかります!

    お店は1Fエントランス中央にあるのですぐわかります!

  • 05

    まっすぐ帰る前に、ちょっとリラックスしませんか?

    「あー今日は疲れた!」という日こそ早く家に帰るのもいいですが、自分にご褒美をあげることも大事。「STARBUCKS EVENINGS(スターバックス イブニングス)」なら、ご近所のスタバ感覚で気軽にそれを叶えてくれます。お近くで働かれている方はぜひ、立ち寄ってみてください!

この記事を含むまとめ記事はこちら