NAVITIME Travel

徹底紹介!お仕事体験テーマパーク「カンドゥー」の楽しみ方!

子ども仕事体験テーマパーク「カンドゥー」は、普段、どのようにお父さんやお母さんが働いているか、仕事の素晴らしさなどを子どもが体験できる場所です。「親子三世代で楽しめる場所」がコンセプトであり、場所は「イオンモール幕張新都心」と都内から少し離れますが、その分ピーク期間を外せば、ゆったり遊べて、内容も充実しているのでおすすめです。今回は、そのカンドゥーの遊び方をご紹介します。

写真提供:株式会社カンドゥージャパン

  • カンドゥーでできるだけ沢山遊びたいなら、早めの予約がおすすめ!

    カンドゥーの入場は事前に予約したチケットのグループ(A~I)、またその中の順番(001~)の番号順となります。グループによって当日の集合時間が変わり、中に入れる時間も変わるのです。早く入園したら、人気アクティビティの予約を取ることだって出来ちゃいます。
    予約は毎月10日12:00に、翌々月分のチケット発売となるため、少し先の計画を立てるのがよいでしょう。

    営業時間は、第一部10:00~14:30 第二部15:30~20:00です。

  • アクティビティの予約方法

    仕事体験の予約は、とても分かりやすく入場時スタッフが教えてくれます。子どもは首に「カンドゥー市民カード」というICカードをかけ、そのカードでアクティビティの予約を取っていきます。
    一度予約をとったら、一定時間が経過すると次の予約を取ることができます。また予約機が既に予約しているアクティビティの時間を考慮してくれるので、無理な予約になる心配もありません。

    写真提供:株式会社カンドゥージャパン

    もちろん空いていれば、予約なしで体験することも出来るので、気になるアクティビティの開始時間に直接行ってみるのも良いでしょう。
    予約状況や、空き人数はカンドゥー内のいたるところに設置されている「予約確認機」でみることができます。

    写真提供:株式会社カンドゥージャパン

  • カンドゥーには様々なアクティビティ(仕事)があります!

    警察官やモノレール運転士から、JAXAのスペースセンタークルー、勇者など男の子憧れのアクティビティや、ファッションモデルやネイリスト、カフェ店員など女の子憧れのオシャレなアクティビティまで、子どもの心をくすぐるアクティビティでいっぱいです。予約を上手く取って効率よく回りたいですね。

    写真提供:株式会社カンドゥージャパン

  • もらえるアクティビティや、食べられるアクティビティも人気!

    子どももそうですが、どちらかというと親の方が気になってしまうのが「もらえる・食べられる」アクティビティです。「めがね士」ではあのJ!NSの子供用サングラス(子どもデザインによる!)をもらえたり、「アイスクリームメーカー」では人気のコールドストーンのアイスクリームがいただけるのです。他にも沢山「もらえる・食べられる」アクティビティがあるため帰るときにはお土産でいっぱいになっていて、とても得をした気分になれますよ。

    写真提供:株式会社カンドゥージャパン

  • 仕事をして、カッチン(疑似通貨)をもらおう!

    子どもが様々な仕事体験で得られるのが「カッチン」という疑似通貨。これはカンドゥー内のカッチンショップで使えたり、ショーを見学するアクティビティに参加できるなど様々なものに利用出来ます。余った時は銀行で貯金することも出来るので、次回来る時に便利ですね。

    写真提供:株式会社カンドゥージャパン

  • レストランがホームグラウンドです。

    カンドゥーでは、入場の際にレストランのテーブル番号を渡されます。レストランは館内の中心にあり、それを囲むように各アクティビティの施設が配置されています。貴重品を除く、荷物などは自分の席に置き、アクティビティを回ることが出来るようになっているのです。
    レストランは、フルサービスで本格的!アルコールも提供されます。入場券にはレストランで使える500円分の「金券」もついてくるのでランチやディナーはこのレストランで済ませることができるのです。

    写真提供:株式会社カンドゥージャパン

  • カンドゥーのアクセス方法

    カンドゥーは「イオンモール幕張新都心」 ファミリーモールの3階にあります。この幕張のイオンモールの大きさは桁違い!グランドモール、アクティブモール、ファミリーモール、ペットモールと建物自体が分かれているので、車で行く方は、駐車場はファミリーモールを利用してください。

    公共交通で行く方には、JR「海浜幕張駅」前からバスが出ています。大きく「イオンモール幕張新都心」行きとなっていますのでバス停は直ぐに見つけられます。
    カンドゥーのあるファミリーモールの停留所は「イオンモールバスターミナル」が近いです。系統によって異なりますが「アクティブモール」から連絡通路を使っていく方法もあります。

    バスの運賃は「現金100円、IC165円」ととってもリーズナブル。100円玉を握り締めて、いざ行かん!

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

新着記事

cntlog