NAVITIME Travel

開運、厄除け、夜泣き地蔵に新撰組。さまざまな信仰を集める「壬生寺」をご紹介!

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

22. September. 2015

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

京都の裏鬼門にあたることから、毎年2月に節分厄除大法会が始められて以来、開運と厄除けの寺として、人々の信仰を集めている「壬生寺」。新撰組ゆかりの地としても有名で、「一番隊組長・沖田総司が境内で子ども達と遊んでいた」「近藤勇が壬生狂言を観賞していた」などなど、さまざまな逸話があります。今回はそんな「壬生寺」をご紹介します。

photo By 663highland CC-BY-SA 3.0 from Wikimedia Commons

目次

  • 新撰組ファンなら一度は訪れたい!
  • さまざまなお堂の中でも特に注目したい「大念仏堂」!
  • たくさんのお地蔵さん、そのご利益は?
  • 壬生寺を守るように、ひっそりとたたずむ龍神像
  • お土産は「阿弥陀堂」で。限定グッズも!
  • 「特別な壬生寺」を体験できる!今月の催事をチェック

この記事を含むまとめ記事はこちら

京都府の写真集

  • 全国

    |

    エリアから探す

    • 目的から探す

      新着記事

        もっと見る

        新着の観光コース