NAVITIME Travel

京都の建築美は寺社や神社だけじゃない!「京都国立博物館」によってみませんか?

京都には素晴らしいお寺や、神社がたくさんありますが、素晴らしい博物館があることもお忘れなく。
京都国立博物館に足を踏み入れれば、片山東熊が設計した煉瓦造平屋建て、フレンチルネサンス様式の建物が現れます。
ここではたくさんの名品を見ることができます。時期ごとに特別展覧会も催されており、いつ来ても新しい発見が、そして新鮮な気持ちが得られることでしょう。

photo By Wiiii CC BY-SA 3.0 from Wikimedia Commons

  • 明治古都館の正門は博物館のシンボル

    明治30年、旧帝国京都博物館の本館として開館。現在は特別展覧会などに利用されています。この煉瓦造の建物は、今も京都国立博物館のシンボルとして静かに佇んでいます。
    建築に携わった片山東熊は、ジョサイア・コンドルの最初の弟子であり、赤坂離宮や、迎賓館の建築も行っています。

    photo By Tomomarusan CC BY-SA 3.0 from Wikimedia Commons

  • 本館前の庭園 噴水の前にはあの有名ブロンズ像『考える人』が佇みます。

    広い庭園も、噴水を囲むようなルネッサンス様式です。庭園にはかの有名なオーギュスト・ロダンの「考える人」が美しく佇んでいます。
    ちなみに、ロダンの考える人は世界に大・小合わせて21体あります。なぜ多くの像がいるかといえば、これらはロダンが作成した原型から作られたからなのです。
    日本には4体のロダンがありますが、西日本には、この京都国立博物館だけです。

    photo By Rdsmith4 CC BY-SA 2.5 from Wikimedia Commons

  • 平成知新館で名品ギャラリーを見る

    こちらも、世界的建築家・谷口吉生氏が設計した建物です。
    2014年に開館した新しい展示館で、日本的な空間構成を取り入れた直線を基本とする広々とした展示空間となっています。
    中には、彫刻・仏画・染織などの展示物が充実していて、時期ごとに展示が変わるため、次に来た時にはまた新しい出会いがあなたを待っています。

    photo By さぱしあ CC BY-SA 4.0 from Wikimedia Commons

  • オシャレなお土産はミュージアムショップ京都便利堂で♪

    京都らしさがあふれるステーショナリーグッズや美術はがき、鳥獣人物戯画グッズなどを取り揃えています。一目で京都土産とわかる逸品をお求めの際は、ぜひこちらで。

  • 見学の合間に、併設のカフェで一息

    南門の隣に建つ「カフェからふね屋」は、明治古都館を眺めながら、喫茶・軽食を楽しめます。なんとパフェの種類は30種類以上!展示品に負けない魅力を放っています。本格的な食事を楽しみたい方は、レストラン「The Muses(ザ・ミューゼス)」をご利用ください。

  • 京都国立博物館のアクセス

    京都国立博物館は、1000体仏像で有名な「三十三間堂」の向かいにあります。京都駅から2km程なので徒歩でも行くことができますが、京都市営バス急行100系、もしくは206系で「博物館三十三間堂前」を利用するのがおすすめです。

    もちろんタクシーの利用も便利です。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事