NAVITIME Travel

夏でも涼しいパワースポット熱田神宮のご利益は勝てる美女!?

日本の三大神宮といえば、伊勢神宮、熱田神宮、明治神宮と言われる程、由緒正しい熱田神宮ですが、なんと、名古屋駅から電車で30分弱で行く事ができます。
そこには、恋愛中の女性必見のご利益が!

photo By Kentaro Ohno from flickr

目次

  • 境内は木々に覆われ、夏も涼しく荘厳な雰囲気です。

  • 三種の神器が祭られる格式高い神宮

  • 本宮と境内にある様々な摂社と末社

  • まずは本宮を参拝

  • 本宮の裏側を一周するように道を辿ると

  • 勝利祈願もお忘れなく!

  • 境内は木々に覆われ、夏も涼しく荘厳な雰囲気です。

    境内には楠木が多く樹齢千年以上と伝えられる「七本楠」と呼ばれる大きな楠が点在しています。伝承によれば、弘法大師が熱田神宮に立ち寄って植えられたとも云われています。

    多くの木々に囲まれた境内はヒーリング効果も満点。

  • 三種の神器が祭られる格式高い神宮

    熱田神宮は三種の神器である「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」を祀っています。神剣はもと天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)といい、他の神器とともに伊勢の神宮にご鎮祭されていましたが、日本武尊(やまとたけるのみこと)に渡され、亡くなる前に尾張国に剣を預けていたため、それを祀るために熱田神宮が立てられたという1900年の歴史ある神宮なのです。

    このような熱田神宮の歴史はパネルで参道に展示してあります。

    このような熱田神宮の歴史はパネルで参道に展示してあります。

  • 本宮と境内にある様々な摂社と末社

    広い敷地内には、なんと本宮をはじめ別宮一社、摂社八社、末社十九社が祀られています。マップを見ながら各社に参拝するのも熱田参拝の醍醐味ですね。
    その中のひとつのが女性の美しさに関わるご利益が受けられるというところ。その行き方は…

  • まずは本宮を参拝

    立派な本宮を参拝します。意外とそこで帰ってしまう人が多いように見受けましたが、本宮左から「こころの小径(こみち)」に入りましょう。

    その先には「熱田大神の荒魂」が祭られている「一之御前神社」があります。ここは熱田神宮の最も尊い場所であり、2012年まで一般公開はされていませんでした。

    そしてさらに道なりに進みます

    そしてさらに道なりに進みます

  • 本宮の裏側を一周するように道を辿ると

    遂に到着しました「清水社」。ここには世界三大美女のひとり楊貴妃の石塔の一部(との説もあり)があり、そこに三度水をかければ願いが叶い、この水で肌を洗えば綺麗になると言われているのです!

    この湧水は「お清水(しみず)さま」と呼ばれ、その水で眼を洗えば眼がよくなるとも言われています。

    こころの小径は場所により参入時間は9:00~16:00までと決まっているのでご注意ください。

    楊貴妃と熱田神宮の関係については、これまた深い話があるので調べてみると面白いですよ。

  • 勝利祈願もお忘れなく!

    最後に、織田信長が桶狭間出陣の際に熱田神宮に勝利祈願をし、大勝したので熱田神宮は必勝祈願でも有名です。片思い中の必勝祈願にも有効かもしれませんよ!

    織田信長が勝利の御礼に奉納した「信長塀」

    織田信長が勝利の御礼に奉納した「信長塀」

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする