写真提供:デカパトス

多彩な水遊びができる都市型ウォーターパーク!デカパトス in Rokko Island


2015.07.21

NAVITIME TRAVEL EDITOR

デカパトスは3つのテーマで構成される「庭」があり、それぞれに個性と特徴を持っています。ゆったりできる日陰ゾーンが拡張され、夏の日差しを避けやすくなり、過ごしやすさが格段にアップ!定番の造波プールやスパプール、遊泳プールまで備えている都市型ウォーターパークなんです。

  • 01

    電車でも車でも、驚きの好アクセス

    電車の利用は六甲ライナー「マリンパーク駅」から徒歩すぐ。車の場合は、阪神高速「六甲アイランド北出入口」から約5分で到着できます。駐車場は1250台利用でき、料金は1日600円です。

    写真提供:デカパトス

  • 02

    小さな子どもでも楽しめるプールや設備がいっぱい

    小さな子どもには「ふれあい水遊びプール」がお勧めです。水深が25cmと50cmの2種類があり、水のジャングルジムで遊ぶこともできます。頭上の桶に水が溜まると、そのまま一気に落ちてきます。なお、乳幼児は水泳用オムツを利用することで入水が可能です。

    写真提供:デカパトス

  • 03

    ファミリープールやボディースライダーなどで楽しめる

    デカパトスの流水プールは一般的なプールの水深よりも浅く、100cmとなっているので、背の低い子どもでも大人と一緒に楽しめるかも?その他にも、家族で楽しめるファミリープールは水深70cmなので、ここなら文字通り家族揃って水遊びを楽しめます。また、身長が120cmあれば、ボディースライダーで遊ぶこともできます。

    写真提供:デカパトス

  • 04

    レストランもデカパトスにピッタリなメニューでいっぱい

    プール内にある飲食ブース「MOANA GARDEN」では、ポピュラーなラーメンから夏の定番メニューであるタコライスやハワイアンフードロコモコなど、豊富なメニューが楽しめます。また、午後から開く「Creape de la foret」では、クレープ、かき氷、タピオカドリンクを堪能できますよ!

この記事を含むまとめ記事はこちら