その総面積は東京ドーム1.4倍!9つのプールが楽しめる「昭和記念公園レインボープール」


2015.07.06

NAVITIME TRAVEL EDITOR

日本の都市公園100選に選ばれている昭和記念公園では、夏になると「レインボープール」が営業されます。その総面積は東京ドームの約1.4倍!水面積だけで見ても東京ドームのグラウンドとほぼ同じ広さを持つ、この「昭和記念公園レインボープール」をご紹介します!

  • 01

    車なら新宿から高速道でも一般道でも!勿論電車のアクセスも良好!

    車なら中央道「国立府中IC」より8km、一般道を使っても新宿から一時間ほどで到着。駐車場も三ヶ所合計で2531台収容できるキャパシティと、820円という嬉しい価格で利便性は抜群!ただしプールから最も近い西立川口駐車場は一番小さい駐車場なのですぐ埋まってしまう可能性もあります。電車利用の方も、その西立川口に近いJR青梅線「西立川駅」を使う事が最も楽なルートです。それ以外の入り口を利用する場合は園内を走る「パークトレイン」を利用する事で、スムーズな移動が可能です。

  • 02

    愛嬌のあるナマズやムツゴロウの噴水が目印。小さい子どもも安心して遊べる「幼児プール」!

    水深10~15cmと小さい子どもでも安心して遊べる「幼児プール」は、ナマズやムツゴロウなどの魚達の噴水があり、水に親しみやすいプールです。オムツは水遊び用も含めて着用は出来ませんが、ベビーカーの持込や昭島管理棟にある「赤ちゃん休憩室」、いざという時の粉ミルクの販売など小さな子ども連れのご家族に嬉しいサービスも揃っています。また、「プライベートビレッジ」という有料休憩スペースではソフトドリンクのサービスもあるので、日除けと水分補給とを兼ねてご活用ください。

    写真提供:国営昭和記念公園

  • 03

    カラフルな4つのレーンがある「ウォータースライダー」!その全てを楽しめるのは身長120cmから。

    4つのスライダーは最長96m!専用の浮き輪を使って滑るレーンなどもあって色々な楽しみ方があります。身長120cm以下の子どもは一番短い黄色のレーンのみの利用になりますが、それでも無料で楽しめるのは嬉しい限り!なお、3歳以下のご利用は出来ず、小学生未満の子どもが居る保護者の方は監視をお忘れなく。

    写真提供:国営昭和記念公園

  • 04

    他のプールとは一味違う、地元特産のグルメな売店!

    飲食物の持ち込みは禁止されているため、お腹がすいたときは売店を利用しましょう。例年地元の食材を使った、グルメな売店が多数出店されています。ご当地グルメの「多摩ラーメン」や「東村山黒カレー」、立川産の「柔豚」を使った「柔豚アメリカンドック」など、珍しい料理が沢山!ぜひ味わってみてください!

    写真提供:国営昭和記念公園

  • 05

    帰りに銭湯でリラックス……だけじゃない、自らスーパーマニアック銭湯を謳う「立川湯屋敷 梅の湯」

    昭和記念公園を「あけぼの口」から出て、少し歩いたところにある銭湯が「立川湯屋敷 梅の湯」です。銭湯というには2階建てと広々としており、更に露天風呂まで備えてある豪華さ!数々のメディアにも取り上げられているこの銭湯の何がマニアックか?それは驚きのコレクションです!10000冊もの読み放題のコミックに、多数のキャラクターグッズを展示してある様は、まさにスーパーマニアック銭湯!

この記事を含むまとめ記事はこちら