写真提供:サンシャイン水族館

都心の真中、地上約40mのビルの屋上にある天空のオアシス、サンシャイン水族館


2015.06.09

NAVITIME TRAVEL EDITOR

2011年8月4日にリニューアルオープンした、都心の真中、地上約40mのビルの屋上にある水族館。「天空のオアシス」がコンセプトで、水や緑に包まれた非日常空間が広がります。水棲生物だけでなく、陸で生きる生物も展示している本館の魅力をたっぷり紹介します!

  • 01

    美しい海の世界をサンシャインラグーンで

    「大海の旅」と題された水族館1階の目玉は、中央に据えられたサンシャインラグーン。水槽内にはさまざまな生物が泳いでおり、美しいコントラストを見せてくれます。一面に青の世界が広がる美しい水槽は、まさに自然の美術館さながらです。定期的に行われる、ダイバーによる水中パフォーマンスも必見!

    写真提供:サンシャイン水族館

  • 02

    大海を散歩しているかのような水槽が魅力!

    水族館1階にある「ふわりうむ」は、トンネル状になった通路の側面や上部が水槽になっており、その中をくらげがふわふわと漂います。海中散歩気分に浸りながら、光を受け幻想的に浮遊するクラゲたちの世界を満喫しましょう。

    写真提供:サンシャイン水族館

  • 03

    2階には水辺に住む生物たちが集まる

    2階は「水辺の旅」がテーマで、1階とは異なった雰囲気をかもし出します。アマゾンなど世界中の河川・湖・海岸に住む魚類なども展示しているこのフロアでは、水草やカエルの仲間、ヘビやカメの仲間なども紹介。世界の広がりを感じさせてくれます。

    写真提供:サンシャイン水族館

  • 04

    マリンガーデンは都会と自然が同居する異空間

    ビルの姿が見える場所にヤシの木が茂るマリンガーデンのテーマは「天空の旅」。ドーナツ型の水槽の中を泳ぐアシカの姿を真下から眺めることのできる、サンシャインアクアリングが存在します。これぞ、まさに異空間!

    写真提供:サンシャイン水族館

  • 05

    生物たちのパフォーマンスを見よう!

    毎日定期的に、アシカやラッコ、ペンギンにペリカンのパフォーマンスを見ることができます。中でもお客さんを巻き込んだアシカのパフォーマンスは必見!愛らしいアシカの奮闘に思わず拍手してしまうこと間違いなしです。スケジュールはホームページに掲載されていますので、お出かけ前にチェックしましょう。

    写真提供:サンシャイン水族館

この記事を含むまとめ記事はこちら