東京観光の目玉スポット・上野浅草の東京スカイツリーから絶景を見渡そう

2012年5月22日の開業以来、東京の新名所として今も人気のスポット。それが東京スカイツリーです!昼の晴天時はどこまでも見えそうな迫力の景色を、夜は大都会・東京の夜景を存分に楽しめます。時には雲を見下ろすことだってできるんですよ!

  • 01

    移動中に遠くから眺めてから、タワーを間近で見上げてみよう!

    テレビや写真などで何気なく見ている東京スカイツリーも、電車や車で近づいていくとその大きさにきっと驚くはず。まずは地上でタワーを見上げて見ませんか?なお、1階では634mを支える鉄骨を見ることができますよ。

    正面エントランスから見上げた東京スカイツリー

    正面エントランスから見上げた東京スカイツリー(C)TOKYO-SKYTREE

  • 02

    全方位が見渡せる天望デッキ

    東京スカイツリーの天望デッキは3層に分かれています。まずは入口フロアからエレベーターで「フロア350」へと向かいます。ここで360度の開放的な眺めを存分に楽しんでください。フロア350とフロア340にはカフェもあり、この高さでゆったりとくつろげます。

    東京スカイツリー天望デッキ フロア350 SKYTREE CAFÉ

    東京スカイツリー天望デッキ フロア350 SKYTREE CAFÉ(C)TOKYO-SKYTREE

  • 03

    天望デッキにはオイシイ魅力もいっぱい

    フロア345にある「Sky Restaurant634 (musashi)」では、素晴らしい景色を見ながらオシャレなフレンチをいただくことができます。最高の景色を楽しんだら、「フロア340」へ。ここにも「SKYTREE CAFE」があり、じっくりと外を眺められます。そしてここにはもうひとつの絶景ポイントがあるんです。一気に地上まで見下ろせる「ガラス床」。これもまた東京スカイツリーから見れる景色のひとつなのです。

    提供:東武ホテルマネジメント

  • 04

    やっぱり来たからには天望回廊の頂上へ!

    地上450mの高さにある展望台へ向かうには、フロア350から天望回廊行きのエレベーターに乗り、「フロア455」へ。このエレベーターは正面と天井がガラス張りで、少しスリリングな体験が!エレベーターを降りたら約110mのスロープ状の回廊を歩いて、「フロア450」を目指します。ガラス張りの回廊を上れば、頂上を極める達成感も味わえます。最高到達点451.2mの「ソラカラポイント」で光とガラスの不思議な演出や浮遊感を体験できます。

    (C)TOKYO-SKYTREE

  • 05

    展望台チケットは事前購入がおすすめです

    休日や繁忙期は特に、チケットの事前購入がおすすめです。当日券の昼間などは、混雑状況により整理券を配布する場合もあります。
    チケットは「東京スカイツリーWebチケット」サイトまたは「セブン-イレブン マルチコピー機」で買うことができます。

    予約サイト
    http://ticket.tokyo-skytree.jp/

    (C)TOKYO-SKYTREE

  • 06

    東京スカイツリー他にも見のがせないスポットがいっぱい!

    東京スカイツリー®がある東京スカイツリータウン®には300以上のお店からなる商業施設「東京ソラマチ®」や水族館、プラネタリウム、博物館など様々な施設がそろい子どもから大人のデートまでオールマイティに楽しめます。これらの施設をまわれば、一日あっても足りないほどです!

    東京スカイツリー(R)
    place
    東京都墨田区押上1-1-2
    phone
    0570550634
    opening-hour
    [展望台]8:00-22:00(最終入場…

この記事を含むまとめ記事はこちら