【乗り放題】箱根旅行は「箱根フリーパス」が絶対お得!購入場所&使い方解説 【乗り放題】箱根旅行は「箱根フリーパス」が絶対お得!購入場所&使い方解説

【乗り放題】箱根旅行は「箱根フリーパス」が絶対お得!購入場所&使い方解説


2020.11.29

NAVITIME TRAVEL EDITOR

【乗り放題】箱根旅行は「箱根フリーパス」が絶対お得!購入場所&使い方解説

登山電車やケーブルカー、ロープウェイ、船、バスなどエリア内をさまざまな乗り物で移動ができるのも箱根の旅のおもしろさ。そんな箱根旅行に欠かせない「箱根フリーパス」は対象の乗り物が乗り降り自由になるだけではなく、温泉や美術館などの施設で割引や優待が受けられるお得な切符です。
今回は「箱根フリーパス」の購入場所や利用方法などの基本情報から、どれくらいお得なのか、使用上の注意などをまとめてご紹介。
フリーパスを活用したおすすめの観光スポットも併せて参考にしてみてくださいね。

※2020年11月20日時点の情報です。内容は変更となる場合がありますのでお出かけの際は最新情報をご確認ください。

NAVITIMEの乗換検索ではフリーパス優先ルートが検索できます。
フリーパス優先ルートの検索はこちらから

  • 01

    年間約70万枚発行!「箱根フリーパス」とは?

    電車やバスなどの乗車券が1枚の券になった「箱根フリーパス」は箱根エリアを網羅する周遊券。旅行開始日から起算して2日間有効券または3日間有効券の2タイプがあり、4,600円~購入することができます。
    乗り物に乗って日帰りや1泊2日で箱根観光をする方に特におすすめしたい「箱根フリーパス」の魅力ポイントは大きく分けて3つ。

    ポイント1.8つの乗り物が乗り降り自由
    ポイント2.温泉や美術館など約70施設の割引優待
    ポイント3.小田急線往復乗車券つき(西武線・相鉄線沿線からも利用可能)

    箱根フリーパスで楽しめる観光スポット

    箱根フリーパスで楽しめる観光スポット

  • 02

    ポイント1. 箱根エリアを網羅する8つの乗り物が乗り放題

    アトラクション感覚で楽しめる8つの乗り物が、期間内であれば何回でも乗り降り自由になります。
    2020年に新エリアがオープンした「御殿場のプレミアム・アウトレット」も巡回ルートに入っているので少し足を伸ばしたいときにもおすすめです。

    ●箱根登山電車
    ●箱根登山ケーブルカー
    ●箱根ロープウェイ
    ●箱根海賊船
    ●箱根登山バス(指定区間)
    ●小田急箱根高速バス(箱根小田急山のホテル~東名御殿場間)
    ●東海バス(元箱根港~三島駅~沼津駅)
    ●観光施設めぐりバス(箱根登山バス)

    通常料金で箱根の観光地を巡る場合、「箱根海賊船」は往復1,930円、「箱根ロープウェイ(早雲山駅~大涌谷駅間)」は往復2,040円。そのほかにも電車やバスを乗り降りすることを考えると交通費だけでもお得なのがわかります。

    箱根ロープウェイ

    箱根ロープウェイ

  • 03

    ポイント2. 温泉や美術館などの施設の割引優待

    箱根観光に欠かせない施設(温泉施設・エステ/名所・旧跡/植物園/娯楽施設・スポーツ施設/美術館・博物館/飲食施設・ショッピング施設/体験施設/各種観光サービス)約70スポットが割引・優待の対象となります。

    ●割引・優待の一例

    【箱根強羅公園】入園料金 無料
    【箱根ガラスの森美術館】入館料金 100円引き
    【箱根ハイランドホテル】飲食代金 ランチ10%割引(一部除外日あり)
    【御殿場プレミアム・アウトレット】クーポンシート(割引など)プレゼント

    箱根には美術館が多いので、美術館巡りにもおすすめ。「箱根ガラスの森美術館」のほかにも「星の王子さまミュージアム 箱根サン=テグジュペリ」や「ポーラ美術館」、「箱根ラリック美術館」など約15施設の美術館・博物館が対象になっています。

    箱根強羅公園

    箱根強羅公園

  • 04

    ポイント3.小田急線区間の往復乗車券付き

    「箱根フリーパス」は現地購入も可能ですが、小田急線区間(発駅~小田原駅まで)の往復乗車券がついてくるため出発駅からの購入がおすすめ。
    さらに西武線、相鉄線、一部高速バスからも箱根フリーパスを利用して乗り入れることができるので、沿線に住んでいる方はとってもお得になります。各線の対象区間は公式ホームページをご確認ください。

    「西武鉄道」箱根フリーパスについて
    「相模鉄道」箱根フリーパスについて

    小田急線

    小田急線

  • 05

    2日券・3日券の料金は?

    発駅、有効期間により料金が異なります。料金の一例は下記をご確認ください。

    ●小田急線沿からの場合

    発駅 2日間有効 3日間有効
    おとな こども おとな こども
    新宿から 5,700円 1,500円 6,100円 1,750円
    新百合ヶ丘から 5,490円 1,450円 5,890円 1,700円
    小田急多摩センターから 5,600円 1,480円 6,000円 1,730円
    町田から 5,420円 1,420円 5,820円 1,670円
    小田原・箱根湯本
    御殿場・三島など
    4,600円 1,000円 5,000円 1,250円

    小田急線全駅からの料金はこちらをご確認下さい。
    ※新宿発の「箱根フリーパス」を購入する場合、小田急箱根高速バスの新宿~東名御殿場間(通常おとな片道1,610円)が1,000円で利用可能。

    ●西武線沿線からの場合
    発駅 2日間有効 3日間有効
    おとな こども おとな こども
    田無から 6,160円 1,740円 6,560円 1,990円
    所沢から(西武新宿経由) 6,320円 1,820円 6,720円 2,070円
    狭山市から 6,420円 1,860円 6,820円 2,150円
    本川越から 6,520円 1,920円 6,920円 2,170円

    ※JR線(山手線)の運賃は含まれません。

    ●相鉄線沿線からの場合(小田急線海老名駅経由)
    発駅 2日間有効 3日間有効
    おとな こども おとな こども
    横浜から 5,820円 1,610円 6,220円 1,860円
    天王町から 5,770円 1,590円 6,170円 1,840円
    二俣川から 5,680円 1,540円 6,080円 1,790円
    いずみ中央から 5,840円 1,630円 6,240円 1,880円

    ※当日からの発売のみ

  • 06

    どこで、いつから購入できる?当日券はある?

    乗車日の1ヶ月前から下記の販売窓口や、セブンイレブンなどさまざまな場所から購入することができます。

    【購入場所】
    ●小田急線各駅窓口・小田急トラベル・主な旅行代理店
    ●箱根登山鉄道の主な駅・箱根登山バス案内所・箱根周辺の駅(御殿場駅・三島駅)
    ●相模鉄道線各駅(※海老名駅・湘南台駅を除く)
    ●西武鉄道線各駅(※池袋駅・小竹向原駅・新桜台駅・西武新宿駅・多摩川線各駅除く)

    【当日券】
    利用当日は上記の窓口だけでなく、一部の「自動券売機」でも購入可能です。(※乗車日当日から有効分のみ・始発電車から16時まで)
    タッチパネルの〈フリーパス〉→〈箱根フリーパス〉を選択すれば簡単に購入することができますよ。

  • 07

    日帰り利用でもお得になる?どれくらいお得か検証!

    1日券の販売がない「箱根フリーパス」。日帰り利用でもお得になるのか気になりませんか?今回は新宿からの2日券(5,700円)使って箱根を観光した場合、トータル料金がどれほどお得になるか検証します。

    人気の名所「大涌谷」や、早雲山駅の最新スポット「cu-mo箱根」、芦ノ湖に浮かぶ「箱根海賊船」への乗船、「箱根神社」をまわる観光ルートの場合‥

    《新宿駅》~《箱根湯本駅》往復⇒1,220円×2=2,440円
    《箱根湯本駅》~《強羅駅》片道⇒680円 ※箱根登山電車
    《強羅駅》~《早雲山駅》乗り換え⇒430円 ※箱根登山ケーブルカー
    《早雲山駅》~《大涌谷駅》片道⇒900円 ※箱根ロープウェイ
    《大涌谷駅》~《桃源台駅》片道⇒1,120円 ※箱根ロープウェイ
    《桃源台港》~《元箱根港》片道⇒1,050円 ※箱根海賊船
    《元箱根港》~《箱根湯本駅》片道⇒980円 ※箱根登山バス

    交通費だけでも《Total 7,600円》なので1,900円分もお得!
    さらに各スポットの優待や割引がつくので、日帰り利用でも十分に元が取れる計算になりますね。

    「大涌谷」「箱根海賊船」「箱根神社」「cu-mo箱根」

    「大涌谷」「箱根海賊船」「箱根神社」「cu-mo箱根」

  • 08

    ロマンスカーは使える?知っておきたいルール

    「箱根フリーパス」を利用するにあたり、知っておきたいポイントを4つご紹介します。他にも細かいルールがあるので、詳しくは各鉄道会社のHPをご確認ください。

    ●ロマンスカーについて
    →特急ロマンスカーは「箱根フリーパス」の対象ではありませんが、別で「特急券」を購入すれば乗車することができます。
    ※2020/11/16現在、新宿~小田原駅までの特急料金は910円です。

    ●小田急線区間の往復乗車券について
    →小田急線区間(発駅~小田原駅)の乗車は往復1回限りです。途中下車は制限なく可能なので希望の場合は駅係員に申し出ましょう。

    ●自動券売機での購入について
    →自動券売機での購入は当日から有効分のみ購入可能です。

    ●払い戻しについて
    →払い戻し可能ですが《旅行開始前》・《旅行開始後》など状況により条件やルール、手数料が異なります。
    ※セブンイレブンや旅行代理店で購入した場合は、払いもどし・変更時に別途手数料がかかる場合があるので注意しましょう。
    詳しくは「箱根フリーパス」取扱約款をご確認ください。

    ロマンスカー

    ロマンスカー

  • 09

    「箱根フリーパス」を使って行きたい!おすすめの観光スポット

    週末のプチトリップにもぴったリの箱根は、玄関口である「箱根湯本」での食べ歩きや、フォトジェニックなミュージアム、温泉の湯めぐり、自然を満喫する絶景スポットや、箱根神社や九頭龍神社といったパワースポットまで、エリアごとに楽しめる場所がたくさんあります。
    今回は「箱根フリーパス」を使っていきたい箱根のおすすめスポットをちょっぴりご紹介。2020年にオープンした注目施設も要チェックです。

    もっと読む
    【2020年最新】箱根観光スポット26選!日帰りコースや温泉・穴場スポットも紹介
    乗り物
  • 10

    【名所】一度は行きたい!定番スポットを制覇しよう

    中世ヨーロッパの帆船戦艦がモデルの海賊船「箱根海賊船」や関東屈指のパワースポット「箱根神社(九頭龍神社)」のある広大な湖『芦ノ湖』や、独特の景観が広がる『大涌谷』、箱根湯本に次ぐ温泉郷として多くの観光客で賑わうエリア『強羅』など、箱根を訪れたら絶対に外せない定番スポットも「箱根フリーパス」でアクセス可能!「箱根海賊船」は、フリーパスの優待で「特別船室」が100円引き(こども50円)になるので、ワンランク上の旅を楽しむのもおすすめです。

    箱根海賊船

    箱根海賊船

    大涌谷名物の「黒たまご」

    大涌谷名物の「黒たまご」

    もっと読む
    【箱根】かつて地獄谷と呼ばれた荒涼の大地へ!「大涌谷」でできること5選
    定番スポット
    もっと読む
    【箱根】セレブ気分で湖上の絶景を独り占め♪ 「箱根海賊船」で芦ノ湖クルーズへ!
    乗り物
  • 11

    【食べ歩き・お土産】箱根の賑わいの中心「箱根湯本」を満喫

    箱根の魅力のひとつであるグルメ。特に箱根湯本駅周辺の温泉街は食べ歩きスポットがたくさんあります。箱根名物の蕎麦や豆腐料理の他、揚げたてがその場で食べられる「籠屋清次郎」のかまぼこ、2020年にオープンした箱根唯一のティラミス専門店「箱根てゑらみす」など美味しいものが盛りだくさんで目移りしてしまうこと間違いなしです。「菊川商店」のカステラ焼き箱根まんじゅうは、店先から漂う甘い香りについ惹かれてしまいます。もちろんお土産にもおすすめ!

    もっと読む
    【2020年最新】やっぱり食べたい!箱根湯本駅前の食べ歩きグルメ厳選11店
    町歩き
  • 12

    【美術館・博物館】好奇心と美的感覚を刺激するアートの世界を巡る

    世界中で愛され続ける小説「星の王子様」をテーマにした「星の王子様ミュージアム」、2019年に「ピカソ館」が美しくリニューアルした「彫刻の森美術館」、美麗なアクセサリーや色とりどりの繊細なガラス作品が展示されている「ガラスの森美術館」など個性あふれるさまざまな美術館が集まる箱根。フォトジェニックなスポットが多いので女子旅にもおすすめです。「箱根フリーパス」はほとんどの美術館や博物館で優待割引が受けられるので、この機会に美術館めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか?

    彫刻の森美術館

    彫刻の森美術館

    ガラスの森美術館

    ガラスの森美術館

    彫刻の森美術館

    彫刻の森美術館

    もっと読む
    【箱根】女子旅でセンスを磨こう!アートと自然を満喫できる箱根美術館5選
    美術館/博物館
  • 13

    【日帰り温泉】旅の疲れに‥箱根の湯で疲れた身体をリフレッシュ

    箱根観光といったら、やっぱり温泉ははずせません。箱根登山鉄道でアクセスできる箱根の主要観光地「箱根湯本」や「強羅」周辺には気軽に立ち寄ることのできる日帰り温泉が充実しています。清潔で広い敷地とモダンな雰囲気が魅力の「箱根湯寮」や、お風呂のアミューズメントパーク「箱根小涌園ユネッサン」は「箱根フリーパス」の優待割引が受けられるので特におすすめ。旅の終わりに立ち寄れば、身体の疲れをリフレッシュできること間違いなしです。

    ●箱根湯寮
    (本殿)入浴料金 おとな200円引き こども100円引き
    (花伝)1室1時間あたり300円引き

    ●箱根小涌園ユネッサン/森の湯(パスポート)
    おとな(中学生以上) 500円引き こども(3才~小学生) 300円引き など

    箱根湯寮

    箱根湯寮

    箱根小涌園ユネッサン

    箱根小涌園ユネッサン

    もっと読む
    タイプ別に選びたい!箱根湯本のお役立ち日帰り温泉5選
    乗り物
  • 14

    【映えスポット】2020年オープンの新名所&レトロ可愛い穴場タウン

    流行や可愛らしさに敏感なインスタ女子には、箱根登山ケーブルカーと箱根ロープウェイの乗換駅「早雲山駅」の新スポット『cu-mo箱根(クーモ箱根)』がおすすめ。箱根を一望できるダイナミックな展望テラスや、強羅温泉の源泉を使用した無料の足湯、カフェ併設のお土産ショップなど見どころ満載!早雲山の晴天に浮かぶ雲をイメージした食べるスムージー「ニューベル」は、美味しいだけじゃなく写真映えも抜群です。

    早雲山駅2階にある「cu-mo箱根(クーモ箱根)」

    早雲山駅2階にある「cu-mo箱根(クーモ箱根)」

    晴天に浮かぶ雲をイメージした食べるスムージー「ニューベル」

    晴天に浮かぶ雲をイメージした食べるスムージー「ニューベル」

    もっと読む
    【箱根】絶景の展望テラスで足湯!まるで雲の上にいるような新スポット「cu-mo箱根」が誕生
    カフェ

    箱根湯本駅から箱根登山鉄道で27分、どこかノスタルジックな雰囲気が漂う『宮ノ下駅』は明治創業の富士屋ホテル他、浮世絵や陶器、ジュエリーなどのアンティークショップが並び、レトロな雰囲気の小径や路地裏で街散策を楽しめるおしゃれタウン。なかでも古民家を改装した『NARAYA CAFÉ(ナラヤカフェ)』は足湯を楽しみながら可愛らしいスイーツをいただくことができるおすすめのカフェです。

    ならやん(ひょうたん最中) 280円

    ならやん(ひょうたん最中) 280円

    近隣の作家さんの作品が販売されているギャラリーショップ

    近隣の作家さんの作品が販売されているギャラリーショップ

    もっと読む
    【箱根】そこかしこがノスタルジック。宮ノ下でめぐりたいお散歩スポット
    町歩き
    箱根湯本
    place
    神奈川県足柄下郡箱根町湯本
    すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら